2021年12月2日

第二回中国商事法治建設サミットフォーラムが北京で開催された

韓国を深く広報商事法治建設の貴重な経験と成果は、さらに刺激の広大な渉商法律関係者としての自負心、責任感と使命感を持って、法治のサービスの質の高い発展促進商事、中国商が新聞や中国商事法治建設首脳フォーラム組織委員会が主催した第2回中国商事法治建設首脳フォーラムは4月18日、北京で開かれている。

今回のフォーラムでは、中国が痛む法治週刊誌、中国商网法治チャンネルで、中国が痛むいちの环境研究センターの協賛、中国法会商法学研究会を得た、中国商業連合会法工作委員会、中国政法大学商法研究所、中国人民大学商法研究所、清華大学商法研究センター、智云産業研究院の支持を集めた。大会では関連専門家、学者、弁護士300人近くが北京に集まった。

中国商業連合会副会長、中国商新聞社社長の徐艦氏はフォーラムの挨拶で、中国は高品質発展の新時代に入ったと表明した。高品質で経済の発展はさらに補完の法治の思考と法律市場経済発展の問題を解決し、立法や執行や司法、法律サービスを通じて経済関係の調整、规范経済行為、指導経済運用、経済秩序を守護し、経済の発展を推进し、市場経済、法治の軌道に秩序ある発展。この背景の下で、中国商新聞社は「中国商報法治周刊」と「中国商報営商環境研究センター」の二つの部門がフォーラムの実施を具体的に担当する中国商事法治建設サミットフォーラム組織委員会を設立した。

最高人民検察院の元党組員で反貪総局の初代局長を務めた羅輯氏は式辞の中で、法治と市場経済は互いに依拠し、相互に促進すると強調した。法治は市場経済のマクロコントロールの重要な手段となり、また法律的に市場主体の地位を確立し、市場経済の公正な競争ルールを形成することができる。

スピーチの後、フォーラムの現場では法律事務所の設立式と専門家の任用式が行われた。式典は著名な法学者、中国商事法治建設サミットフォーラム組織委員会の夏家駿名誉主任、最高人民検察院の元党組員で反腐敗総局の初代局長の羅輯、中国商業連合会副会長で中国新聞社の徐艦社長が共同で開いた。式典場で、徐艦社長は夏家駿氏と羅輯氏にそれぞれ任命状を授与した。

で、中国人民大学法学部教授、刘俊海商法研究所所長、北京恒も弁護士事務所の高級さえ赵鸿祥、中国政法大学民商韩波経済法学部教授、北京の京都の弁護士事務所の高級さえ梁雅丽、北京に良弁護士事務所の王才亮主任、中国政法大学王顺安犯罪と司法主任研究センターの主任教授は、北京京都法律事務所の田文昌主任らが、自身の分野を交えて基調講演を行った。

今回のフォーラムでは、「企業のコンプライアンス管理の重要性」と「法の支配はビジネスの最高の環境」という円卓フォーラムが開催され、法の支配の中国の新たな構造を多角的な角度から読み解くことができました。関連専門家は、法治は市場経済の発生とともに生まれ、市場経済の発展とともに発展してきたと指摘する。市場経済の発展水準が高ければ高いほど、法治の水準も高くなる。

今回のフォーラムはまた、一陣を表彰した。韓国商事法治建設、貢献した人物や単位、厳格な審査を経て、今大会の選定が2020年度中国商事分野賞功労賞受賞、年度モデル人物奖、年度のモデルの律が賞、年度新人弁護士、最も影響力の賞など、特別貢献賞、商法コープ大使。同時に、フォーラムは「2020年度十大ビジネス環境典型事例」「2020年度十大商事法の支配典型事例」を発表した。

注目すべきは、フォーラムの現場では『2020年中国の合法化ビジネス環境研究報告』を独占的に発表し、中国の合法化ビジネス環境の建設の現状と問題を重点的に反映し、中国の合法化ビジネス環境を最適化するために関連アドバイスを与えることに焦点を当てていることである。

知るところによれば、2019年12月、第1回中国商事法治建設首脳フォーラム京で成功し、韓国の商事制度を話し合ったと法治の商事建設および商業環境などの面での問題、社会各界の法律専門家は関心を中国商事法治の建設や参加を法制化することもいち環境新発展に重要なプラットフォームを提供した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です