2021年12月2日

筑夢園科技:スマート駐車は黄金期に入り、駐車難は解決される

公安部が発表した統計結果によると、2020年9月までに全国の自動車保有台数は3億6500万台に達した。しかし、都市の交通計画と駐車スペースの資源は、車の数の増加に遅れを取って、急速な増加の車の保有量と駐車施設の建設の遅れは、全国の大都市の共通性の問題になりにくい駐車場につながる。

この問題も国家発展改革委員会の注目を集めている。2015年8月3日、国家発展改革委員会は「都市駐車施設の建設強化に関する指導意見」を発表した。『意見」と指摘、放し社会資本全額投資有料駐車施設、政府定価の範囲を狭め、知能の駐車場の建設は、知恵を推进して駐車システム、自動識別ナンバープレートなど、先端技術を応用し、積極的に誘導作る照会し、電子自動通行料金などの新型管理形態の発展、駐車資源の利用の効率を高める。

「意見」が発表されてから、国はスマート駐車産業に関する政策を集中的に打ち出し、社会資本の導入を通じてスマート駐車産業の資産を活性化し、金融支援を強化することで既存駐車場の商業化を推進し、駐車場の供給量の増加を奨励し、駐車場のスマート管理レベルを向上させた。政策の支援と科学技術の進歩があいまって、駐車難、駐車難問題の解決に曙光をもたらした。北京筑夢園科技有限公司(以下、筑夢園)は、雨後の筍のように新たなテクノロジー企業が出現したことを背景に設立された。

筑梦园は米行テクノロジー傘下4事業部の都市級担当知恵駐車プラットフォームの業務の子会社で、その设立は米行テクノロジー強大な研究と技術力を会社に提供した全シーンをワンストップ駐車の知恵で解決策を含む全動画知恵の駐車場の解決策を、多様な駐車場を作ると解決策、都市の駐車解決策を誘導し、それぞれをターゲットにした完全なソリューションシステムを構成している。

都市道路側の駐車場を計画して、インターネット+駐車場都市の一体化の解決案を作成して、建設コストからかどうか、また車主にとって、政府にとって、いずれもより優良な解決方式です。このため、筑夢園では十分な市場調査を行い、各方面で比較分析を行った後、データベース、駐車クラウド基盤サービス、安全サポートシステム、管理側とユーザー側を一体化したインテリジェント一体化駐車プラットフォームシステムを構築し、スマートシティ建設における交通問題の解決に助力した。

「筑地梦园の世界と全国に広め時代の発展に向け、知恵に都市の知能のアップグレードの一体化駐車プラットフォーム」瀋陽米行科技有限公司と北京筑梦园孙克文科技有限会社の会長と切り出すと、「筑地梦园新世代の「路内の智能駐車設備を含む」路歯カメラ「と」で位カメラ「いずれも全天候型の太陽エネルギーの自己循環充電が可能です配線不要の中央部カメラは、三メートルほどの位置に取り付けることができ、南の梅雨でも北の厳寒でも、5年間完全自循環することができます。また、各地の既存のプラットフォームとの連携を図るため、これらの機器は、車の所有者にサービスを提供する際、車のナンバープレートを識別しながら、車の所有者が現在利用している都市レベルのスマート駐車場に簡単にアクセスできるなど、互換性が高い」と述べています。

スマートシティは政企協力のもと、建設のペースを速めている。筑夢園は設立後、瀋陽市、本渓市などの都市級スマート駐車プロジェクトに進出し、遼寧省瀋陽は国内で初めて都市級スマート駐車ソリューションを導入した都市となり、交通部のetcスマート駐車プラットフォームの唯一のモデル都市となった。

筑夢園のように車の所有者に駐車場の情報誘導や付加価値サービスを提供する企業は一例ではない。「2020年度道路駐車場スマート化及び都市級プラットフォーム統計発表」によると、2020年11月までにスマート化運営プロジェクトは全国283の市・県をカバーし、前年同期比20.9%増となった。この5年間の年平均成長率は30%を超え、5年間で3倍に増えた。スマート化のバース数は、2020年11月までの累計で、前年同期比27.4%増の91万7000バースとなりました。ここ5年間の年平均成長率は34.2%。

ここ数年、国や地方自治体のスマート駐車政策による後押しもあって急速に成長し、駐車需要の増加もあって、スマート駐車産業は黄金期を迎えています。2009年から2017年にかけて、中国スマート駐車業界の市場規模は年々増加し、2009年の11億5000万元から2016年の62億元までの7年間で5倍以上に増加した。成長速度は比較的速く、2017年全体では73億5000万元に達すると予想される。

政府レベルでも民生レベルでも、スマート駐車場の普及は駐車資源の需給の矛盾を効果的に緩和し、静的な交通環境を改善し、都市の各分布点で駐車スペースの使用率を高め、駐車の難題を確実に解決する。同時に各地の政府、企業と民衆が多者共生のための必然的な選択であり、社会資源の配置を最適化し、都市のイメージを向上させ、産業のアップグレードを推進し、生態文明都市の建設を促進するための必須の道でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です