2021年12月2日

「ド音全民良書計画」は400回の生放送を開始し、ユーザーが良書を選ぶ手助けをする

4月21日「世界図書と著作権の日」が近くなり、ド音は4月19日に「ド音全民良書計画」(以下「計画」と呼ぶ)をスタートさせ、プラットフォーム上で1万冊の新書、良書を発売し、1000万級の資源補助金を投入してユーザーが新書を購入し、良書を読むことを支援した。

この計画はド音と国家図書館、百家の出版機構が共同で発起し、麦家、双雪涛、郝景芳、王小騫、王芳など50人余りの作家、文化著名人、ド音の創作者を招待し、短い動画や生中継で本を推薦し、読者と創作や読書体験の交流を行うという。計画の目的は趣味電子商取引の利点を発揮し、ユーザーがド音電子商取引を通じて新書、良書を発見し、購入できるように支援し、精神文化生活を豊かにし、中華古典文化の発揚と伝承に助力することだ。

1万冊の新書・良書をオンラインにする

国家図書館、人民日報出版社、北京出版グループ、北京大学出版社など100の機関が4月19日から25日にかけて、小説、文学、教育、芸術など多くのジャンルをカバーする1万冊の新書と良書を発売する。

現在、『人生海海』、『平原のモーセ』、『対立の美:西洋芸術500年』など多くの良書がオンラインになっており、読者はド音のアプリを開いて「ド音全民良書計画」を検索すれば、キャンペーンに参加し、関連本を購入できる。

「全民翻本」、「本香陣地」、「推薦書人講堂」、「良書専区」の4つのテーマ会場をプラットフォーム内に設け、読者が読みながら買う雰囲気を演出している。読者は興味に応じて、有名人の本の短いビデオや生中継を見たり、関連コーナーに行って本を買うことができる。

名人が生中継で本を選ぶ

ド音電子商取引では400以上のライブイベントが行われ、50人以上の著名人がド音の短い動画とライブを通じて読者に本を推薦し、読書ストーリーを共有する。

4月16日から25日まで、双雪涛、严伯钧、郝景芳など有名作家阎崇年、电车、王芳、王小骞などの文化の名人、李雪琴や小さな鷹などのド音クリエイターが続々と入っ番组、「ド音公認本人」を務め、彼らの読んでいる本や分かち合いたいの新刊を読むについて彼らの心の美しさ。

それによると、双雪涛は作品『平原のモーセ』を携えて登場し、読者のためにサスペンス内容の背後を明らかにし、個人的に精神的な「トレッキング」を経験し、文学創作の点滴を注ぐ。厳伯鈞は生中継を通じて『対立の美:西洋芸術500年』をもたらし、その得意な科学的分析方式を用いて、読者に西洋芸術史を理解させる。王芳、王小骞は家庭教育関連の書籍を用意し、成長の経験を学び、父母と子供を助ける共同分かち合います。

また、「音音薦書人」コーナーでは、阿来、梁暁声、李洱等の茅盾文学賞受賞者が読書の体験を語り、文学創作の背景にあるストーリーを共有する短い動画を見ることができる。

4月23日、ド音電子商取引は中国伝媒大学、新華網と共同でライブイベントを行うという。中国媒大学を卒業した司会敬一丹、春にニキーヤに@鼓動デパートド音号を通じて、読者との交流の読書経験を分かち优价、読んで「ひゃく年の孤独」を含む「人類の歴史』などの名家の小説、『子犬お金お金』『少年の読む史記」など、青少年の読み物『贫乏チャーリーレッドシアタ』などの企業データ管理や道具类の図書。

現在、「ド音全民良書計画」などの話題や「星の王子さま」、「人類の歴史」、「紅楼夢」などのテーマシールがド音のプラットフォームで公開されており、ド音ユーザーは話題やシールに参加して挑戦し、アクセス数や抽選特典を得ることができる。

ド音電子商取引の関係責任者は、世界読書日の文化と読者の読書ニーズを結びつけて、今回の「ド音全国民良書計画」は多様な活働方式を構築し、より多くの人に多様な読書体験をもたらし、知識文化の伝播と全国民の読書に助力したいと述べた。ド音電子商取引は、読者が優れた新書や良書を発見し、獲得できるようサポートし、読書生活を豊かにしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です