2022年1月28日

アリグループ、イスラエル国家基金と協力関係を確定

「アースデー」グリーン協力の新たな進展:アリグループ、イスラエル国家基金が協力関係を確定

4月22日の世界地球日に、世界で最も歴史のある環境団体の一つであるイスラエル国家基金は、中国のデジタル革新プラットフォームの大手アリグループとグリーンイノベーション協力関係を確立した。同日、駐上海イスラエル総領事の臨場の下、双方は上海で了解覚書に調印し、将来的に造林、環境保護、生物多様性のための革新的な解決策を共同開発し、世界のグリーン開発を促進する。

今年4月22日は52回目の地球デーで、世界各国は気候変動、カーボンニュートラル、人間と自然との共生などのテーマにフォーカスしている。気候変働は人類共通の課題であり、環境保護は人類の発展の最大公約数であり、グリーン開発の国際科学技術協力はこの問題の解決の重要な部分である。

了解覚書に基づき、双方は科学者からなる共同専門家グループを構成し、持続可能な森林管理、生物多様性と生態系保護の強化などについて学術と応用研究を展開する。双方は革新的な技術を開発し、流域管理、栽培効率、砂漠化などの面で直面する課題を解決する。新技術はアリの森にも応用されるという。

覚書の署名には、上海のイスラエル領事館のエドワード総領事が出席した。4月22日は「アース・デー」で、環境保護への支持を世界にアピールする重要な日だと語った。気候革新と持続可能な開発において、イスラエルは実践モデルであり、砂漠化のような世界的な問題の解決策の提供者でもある。

「今日、私たちは中国のデジタルイノベーションプラットフォーム—アリグループとイスラエルの120年の植林経験を持つ環境団体—イスラエル国家基金の間の協力を開き、技術革新を共同で模索し、地球の生態環境を保護することを誇りに思っています。」とエドワード氏は語った。

1901年に設立されたイスラエル国家基金は、持続可能な発展に取り組む非営利団体だという。長年にわたり、総合的で学際的な方法で半乾燥地域の緑化、流域管理、土壌保全を行い、砂漠化防止のための先進的な技術を開発してきた。データによると、イスラエル国家基金は160万ヘクタール以上の面積に2億4500万本以上の木を植えています。

アリグループは、デジタルイノベーターの力で、数億人の人々がグリーンで低炭素なライフスタイルを実践するよう奨励しています。アリグループ傘下の「アリの森」は2016年8月にオンラインになり、これまでに5億5000万人以上が参加し、2億2300万本以上の真木を植え、2019年には国連最高の環境栄誉であるアース・ガーディアン賞を受賞しました。今年3月、中国科学院生態環境研究センターが世界自然保護連合(iucn)と共同で発表した報告書によると、アリの森林の生態系生産総額は113億元を超えると推定されている。

蟻社会公益グループとグリーン成長事業群彭翼捷会長は、上限以来、蟻の森のパートナーたちとともに科学植樹の支配砂漠化を通じて、環境生態保護。「今日、セリ国家基金でアリの森の同行者になったことを嬉しく思います。気候変動の挑戦を前にして、一人で身を守ることはできない。我々が望むイスラエル基金との協力を通じて、地球で共同革新技術開発で保護して。」

彭翼捷は、科学は生態保護のコア駆动力は、今回の提携は蟻森の探求の技術革新案を再び试み、5.5おく种树人共同の绿の成就を通じて技術をアップしている。「自身の増大、今後技術を投入し、絶えず探し者同士、革新の理念と技術で、気候変化への対応の努力に参加して世界の持続可能な発展に寄与することができる。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。