2022年1月28日

秦淮データグループが「緑云端2021」ランキングに再びランクイン

国際環境団体グリーンピースは21日、「緑の雲2021」ランキングを発表した。秦淮データ集団(nasdaq: cd)は100点満点中85点で中国のインターネット・クラウド・サービスおよびデータ・センター企業のトップに2年連続でランクインし、再生可能エネルギー部門で満点を獲得した。

2020年、秦淮データ集団自己超大規模計算力園区の2020年の再生可能エネルギー使用量は5億500万度で、再生可能エネルギー使用割合は51%で、全国の再生可能エネルギー年間発電量の5000分の1を超えた。それと同時に。秦淮データグループは山西省大同で中国インターネットテクノロジー業界初の自発的な再生可能エネルギー発電所を建設中で、設備容量は150 mwに達する。業界の推計によると、発電所の建設後、年間2億度の再生可能電力が新たに供給される。

秦淮河データグループの創業者、ceoの居静は、ボアオ・アジア・フォーラムの終わりには、インターネットの科学技術企業として、秦淮河データグループは緑色をベースにして、炭素中和時代の緑の基盤を構築し、常に台座の心を持ち、局に頭を下げて、計算力時代の経済地理座標を作成すると述べた。

「グリーン・クラウド2021」は、グリーンピースが発表した2番目の「グリーン・クラウド」報告書だ。中国のインターネット科学技術業界が中国の全面的なカーボンニュートラルへの先導者となることを促進するために、2021年度報告書は企業のカーボンニュートラルへのコミットメントと実施経路、企業の環境ガバナンスなどの指標を新設する。秦淮データグループは選ばれた22企業の中で、2030年にカーボンニュートラルと100%再生可能エネルギーの目標を掲げた唯一の企業となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。