2022年1月28日

緑の雲図李棒:データセンター業界における液冷の割合は、将来的に増加し続けるだろう

4月22日まで、2011 gidcグローバルインターネットデータ会議兼華南データセンター連合サミットが深圳で開催された。idcやクラウドコンピューティングなど数百社の企業が参加し、5 g時代の新しいインターネットのトレンドを探ります。

国内液冷分野の第一人者として、網宿科技の子会社である緑雲図が招待されて大会に出席した。グリーン・クラウド・テクノロジー・ディレクターの李棒氏は会議で講演し、「データセンター業界における液冷のシェアは今後ますます高まるだろうが、現時点では市場全体が爆発段階に達していない」と述べた。

近年、国家政策がデータセンターのpue値(電気エネルギー使用効率)の制限を縮小し続けていることに伴い、液冷技術はpue値を低減するために公認の利器として、業界の焦点技術となっている。

発展改革委員会、工信部など4部門が発行した最新の文書は、2025年までに大型・超大型データセンターのpue値を1.3以下に下げることを要求しているが、液冷はpue値を1.1前後に下げ、政策要求を達成することができる。また、液冷は高密度放熱の問題を解決し、建設コストを節約することができます。また、静音・低ノイズ、立地立地のメリットもあり、将来の発展にさらに適応します。

海外の調査機関であるresearchandmarketsのデータによると、2023年には世界の液冷データセンター市場規模は45億5000万ドルに達し、年平均成長率は27.7%に達する。

現在の主流の液冷技術経路がスプレーに打たれ、冷板および浸没、そのうち、浸没式液冷その高能效、高密度、可用と高頼もしいなどの特性上、ますます寒く矢板液冷の代わりになる傾向にある。cydiのデータによると、将来的に浸漬型液冷の市場占有率は徐々に上昇し、2019年の20%未満から2025年には40%以上になるという。

グリーン云図は2011年から液冷技術の研究開発と実践に力を入れており、自研の液冷液浸(dlc)技術に頼って、グリーン云図は国内で早くから直接液冷データセンター規模の商用を実現しており、近年では政府、メディア、軍事産業、通信などの多くの業界にサービスを提供している。

特筆すべきは、今回の会議で、グリーン云図は液冷液浸(dlc)技術で「2021年度グリーンデータ省エネルギー技術革新賞」を受賞したことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。