2021年12月2日

肆拾玖坊aラウンド評価値50億凱輝基金を獲得して投資を受け、創享歓歓と投資

4月22日4月21日、北京で「産業連携、衆創之光」と題した肆拾玖坊シリーズa融資発表会が開催された。会見での情報開示:今回のラウンドは世界有数の投資機関である凱輝基金が投資をリードし、世界の酒販大手の一つであるポラロイカ傘下の創享歓楽投資ファンドが投資した。伝統的な分野からスタートした産業インターネット企業である肆拾玖坊のシリーズaの評価額は50億元に達する。これはすでに評価額が公開されているニューリバー・ベンチャー企業の中でもトップです。

会議では酒業新小売りフォーラムが開催され、白酒新小売りの未来のトレンドについて検討が行われた。人民創意、中軍凱旋の現場で肆拾玖坊と戦略契約を結んだ。肆拾玖坊の創業者兼ceoの張伝宗氏は、産業インターネットが酒場を再構築するビジネスのビジョンを述べ、凱輝基金の基金管理パートナーの段蘭春氏は、伝統的な業界のモデルのアップグレード、生態化のレイアウト、中国白酒の海への進出などの話題について踏み込んだ検討を行った。今回のラウンドは白酒新小売分野のハイエンドサミットとなる。

肆拾玖坊は中高級の味噌酒を中核事業とする産業インターネット企業である。2015年、張伝宗は各界のエリート49人を率いて、肆拾玖坊を設立した。2020年度までの年間売上高は20億円に達し、業界をリードしています。

「産業の相互接続、衆創の光」をテーマにした講演で、肆拾玖坊ceoの張伝宗氏は、肆拾玖坊のターゲット層の位置づけ、ビジネスモデル、発展状況、生産能力の配置、資本化戦略を深く解読し、肆拾玖坊の急速な成長の核心的な競争力の源を明らかにした。

いう拾っ梦见坊、インターネット産業の方式で、みそ酒など希少資源の生産に対する最適化グレードアップ、余り業種の流通経路統廃合賦が、消費者のユーザー体験を変革し統合変革サプライチェーンを形成し、販売チャンネルで、端末の体験を連動操れるよう、けじめの産業体を確かめる。

中高級の味噌酒を中心に、新消費のアップグレードに向けて、既存の高純価値、高素質ユーザーをターゲットに、レストラン拾玖坊は特産米、高級食用油、茶叶、クラフトビール、オーガニックワインなど高品質の生活消費財分野を幅広く展開し、新小売り方式で消費者に届けている。ユーザーの品位ある生活と認知のアップグレードを訴求して、肆拾玖坊は高級スーツのカスタマイズ、管理教育などの新興サービスを打ち出し、ユーザーに品位ある生活を提供している。

凱輝基金管理パートナーの段蘭春氏は今回の会議に出席し、講演を行った。世界有数の投資機関である凱輝基金は、肆拾玖坊のシリーズaラウンドに参加した。創享歓楽基金の投資責任者でポラロイカ中国区副総裁の王晨亦氏は講演を行い、肆拾玖坊の革新的なビジネスモデル、管理組織、高成長性を賞賛した。ポラロイカは世界のワイン業界大手の一つで、今回の創享歓楽基金は肆拾玖坊のシリーズaに投資した。

会見では、肆拾玖坊と中軍の戦略調印式が行われた。設立から六年、肆拾玖坊は速い成長を維持しているだけでなく、キャッシュフローと収益力も良好に維持しています。前期において、自己資金だけで、肆拾玖坊は全面的な発展を遂げ、サプライチェーンの端でも、新小売りの端でも、業界の先頭に立っている。

2021年に入り、事業のさらなる成長に伴い、生産能力、ブランド、ユーザー体験の面での立地スピードを加速させ、資本立地を開始しました。今回のシリーズaでの評価額は50億元となり、今回獲得した投資は肆拾玖坊の各分野での進出を後押しすることになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です