2021年12月3日

機械工業出版社自動車支社は「第13次五カ年」自動車図書ベストテン授賞式を開催した

4.23世界読書日に合わせて、机械工業出版社自働車支社は「第13次五カ年規画」十佳自働車図書、優秀著者及び最優秀協力パートナー授賞式を開催した。

机械工業出版社は我が国が設立した第一陣の科学技術図書出版机構として、70年来工程科学技術に立脚し、業界の技術進歩と科学技術知識の伝播を推進してきた。机械工業出版社自働車分社は2005年に設立され、16年近くの発展を経て、机工自働車は志志を変えず、努力して奮進するたゆまぬ追求で、机工自働車の「専門の鋳造品質で、読む価値がよりある」というブランドの内包を定め、「中国自働車に知識の動力を提供する」というブランドの使命を実践するよう努力している。

勤勉に創作し、勇敢に探索した優秀な著者に敬意を表し、業界の発展、技術の進歩を促進するすべての優秀な書籍作品に敬意を表し、優秀な作品で人を鼓舞するため、机械工業出版社自働車支社は特別に「第13次五カ年規画」ベストカーブック、優秀な著者及びベストパートナー表彰式を開催した。

「電気自動車工程手帳(全10巻)』の著者の中国代表はgmグループ会社の技術革新周舟部社長、「省エネと新エネルギー自動車技術・ロードマップ」の著者の代表中国自動車工程学会郑亚莉戦略企画部副部長は、「自動運転、未来を変える」の著者・中国国際貿易促進委員会代表自動車業界支会会長補佐柴占祥3位嘉賓、「第13次五カ年規画」ベストカーブック受賞ゲスト代表として今回の授賞式に参加し、机械工業出版社自働車支社の趙海青社長は受賞ゲスト代表に「第13次五カ年規画」優秀図書とベストカーブック栄誉証明書を授与した。

機械工業出版社の自働車支社の専門著者チームはまた様々な研究机関、業界組織、大学、企業などを含んで、彼らのある組織は優秀な作品を創作して、ある組織は機械工業出版社と戦略的パートナーシップを結んでいます。今回、計10社が機械工業出版社自動車販売所の「第13次五カ年」最優秀協力パートナーの称号を獲得した。

世界自動車工学会連合(fisita)の趙福全終身名誉主席、北京航空航天大学自動車工学科の徐向陽教授、北京理工大学機械と車両学院の何洪文副院長の3名が、優秀な著者代表として授賞式に参加した。機械工業出版社の李奇社長は受賞者代表に「第13次五カ年」優秀作家トロフィーを授与した。

書物は人類の進歩の階段であり、本を読んだり、本を書いたりすることは、人類が知識を獲得し、文明を継承するうえできわめて重要な方法でした。知識の伝達手段としての本の意味は、人材育成、業界発展、民族の強さにあることは言うまでもない。自動車図書出版機関として機工、自動車は努力を推进し、激励と支援を続ける著者の優秀図書出版优秀作品、業界の発展のために多くの貢献をし、行動で示す機工自動車「品質筑で専攻を読むより価値がある」ブランドの中身、努力を行い、「中国の自動車に知識動力」ブランドの使命。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です