2021年12月2日

中国ネット重慶電力がドローン装備を使用して超高圧線路の保守点検に初成功

から4月24日の24日、重慶诉重慶電力会社によると、重慶市南川区すぐ村で诉が重慶点検送電点検社員に対する±800千伏復奉545号線の塔をうまく、「検査のケア」マークがかけて30日間の近くの特高圧錦ソ線、復奉線(重慶段)円満停電整備作業を完成です。

というが、今回の特高圧の点検作業では、诉重慶市电力会社に初めて成功した無人機の装備を使って補助点検、点検過程で、信号を通じてマウント無人機を撮影した映像の伝送線路の下まで飞コントロールディスプレー、プロジェクトの担当者を通じてディスプレー無死角近距离を360度宿題検査状況を同時に長距離を通じてリアルタイム図伝設備、現場の画像を保存して後方に送信することで、管理者が現場の状況を遠隔でコントロールし、スケジューリングすることができるようになります。ドローン補助業務が特高圧点検の初の成功応用と技術の不断の改善、成熟に伴い、「空の検察官」と呼ばれるドローンは次第に欠かせない「天兵神器」となっている。

±800 kv復奉線は、四川復竜中継局から始まり、上海奉賢中継局で、ルートの長さは1907キロ、四川省、重慶市、湖北省、上海などの8つの省市、重慶市の管内の長さは286.9キロで、鉄塔555基の合計は、全国の西電東大動脈です。

±800 kv錦蘇線は、四川省の西昌錦屏駅から江苏同里苏南駅まで、路線の全長は2089キロで、四川、重慶など8省市を経由し、重慶市管内の全長は約288.887キロで、鉄塔559基があり、四川省涼山州錦屏の豊富な水と電気資源の出力を担っている。川電外送の重要な電力通路である。

停電時間が短いこと、作業が難しいこと、天候が変化することなど、さまざまな困難に直面している。国網重慶市電力公司は事前に計画し、綿密に調査し、綿密な施工計画を立てて、3月初めから欠陥収集、現場調査を行い、危険点を事前に分析した。また、これまでの特別高圧路線の検修業務の経験と今回の停電検修業務の場所の分散などの特徴を組み合わせて、停電検修案を編成し、特別高圧錦蘇線と復奉線の重慶区間が今年のピーク度夏期間中に、確実で安全で安定した運行が可能で、沿線地域の信頼できる電力供給を確保する。

検修員は材料の搬入から一歩一歩塔に上がり検修の交換工事、一般絶縁子の清掃から10メートル長の復合絶縁子串の交換、直線接続管の補強から耐張管のx線検査などの作業を行い、停電時間内に検修任務を円満に完了しなければならない。

統計によると、今回の特高圧の点検作業では、诉重慶市の电力会社が出動し者1500万人、累車両300辆次、累積点検403件、有力な特高圧保証した錦ソ線、復奉線(重慶段)など西电東大動脈を渡した安全安定を特高圧送電設備の電力網を迎峰度夏を迎えて「大焼き」の基盤は、十分に準備した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です