2021年12月2日

南方電網:南方5省区の新エネルギー発電量が6割を超える

広州4月24日、中国南方スマート・グリードの会社は4月24日、穂が発表した「数字で電力網の構築を推進新エネルギーを主体とする新型の電力システム白書」(略称「白書』)は、未来の10年を指摘し、広東省、広西、雲南、貴州、海南五省と地区は2おく万キロワットで新規の新エネルギーインストールが向上より22%;2030年までに、南電網は非化石エネルギーの導入比率を65%に、発電量の割合を61%に引き上げる。

『白書」を明確に、南方に基づきグリッド株式会社の強い「電力+力」、つ情報データ分析や高性能計算技術を通じて、電力網を発見運行のリズムと潜在リスクを実現電力システム安全運行の安定と資源の範囲を最適化され、電力網を備えた超感知力させ、知恵と決断力と急速に執行力、広東、広西、雲南、貴州、海南の5省区のクリーンエネルギーの消尽と消費のために「早送りボタン」を押してください。南方電網は、新エネルギー主体の新しい電力システムを構築し、炭素ピークの早期実現を提案した。

2020年末までに、南の5省区の非化石エネルギーの設備と電力の割合はそれぞれ56%と53%に達し、世界でも上位に位置している。風力発電、太陽光発電の利用率はいずれも99.7%に達し、地域のエネルギー構造の転換効果は著しい。

白書によると、今後10年間で、南方5省区に2億キロワットの新エネルギー設備が新たに導入され、その割合は22ポイント増加する。2030年までに、南電網は非化石エネルギーの導入比率を65%に、発電量の割合を61%に引き上げる。

南方電網エネルギー院の呉宝英董事長は、新エネルギーを主体とする新型電力システムは「デジタル賦能、柔軟開放、グリーン効率」の3大特徴を示していると述べた。一方、新型電力システムは端末用エネルギー消費「新電化」のプロセスを加速させ、特に工業、建設、交通の3大分野で端末用エネルギーの電化レベルをさらに高める。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です