2021年12月2日

「理性文明は飲酒運転を拒否」中国酒業協会は業界の力を結集し文明化の提案を発

2021年中国酒業協会酒と社会責任促進工作委員会の秘書長会議が27日、北京で開催された。中国酒業協会の宋書玉理事長は、政府、業界、社会各界の支持を受けて、中国酒業協会は理性的な飲酒を大々的に宣伝し、業界の社会的責任に対する重視度が絶えず高まっていると述べた。

yantai changyuパイオニアワイン有限公司の孫健社長は式辞の中で、企業は社会の一部であり、社会的責任を果たすことは企業の義務であると述べた。経済社会の発展と消費トレンドの変化に伴い、優秀企業の定義に占める社会的責任の比重はますます大きくなり、張裕会社は企業発展の突出した位置に社会的責任を実行している。酒と社会責任推進作業委員会の主席単位として、張裕公司は中国酒業協会の指導の下、各輪番主席単位との協同協力を強化し、新しいメディアを媒体として、デジタル化、情報化の方式で、喜びと喜びの言葉で理性的な飲酒ストーリーを話す。「理性文明による飲酒運転拒否」をテーマにしたキャンペーンを推進し、より影響力があり、人心に深く浸透し、中国の酒業の高品質な発展のために良好な土台を筑いた。

会議で、中国酒業協会の何勇秘書長は2021「全国理性的飲酒宣伝週間」の実行計画について詳細に紹介した。今回の「全国理性飲酒宣伝週間」は「理性文明による飲酒運転拒否」をテーマに、産業力を結集して社会に文明移動の提案を出すことを目指している。広報ウィークの実行計画には「中国酒類産業社会責任報告」「2021中国飲酒運転予防白書」の作成、テーマ別マイクロフィルムの撮影と「5 x」アイデアのプロモーションなどの重点活動が含まれている。委員会の2021年の活動の革新的な点として、『中国酒類産業の社会責任報告』の作成作業は本会議で正式にスタートし、広報ウィークのメイン会場のイベントで正式に報告が発表される。

鍾宏武教授は『中国酒類産業社会責任報告』の作成作業について詳しく紹介した。報告書は、国内・国際社会責任基準の分析、マクロ政策・業界発展傾向の分析及びアンケート調査などの方式を通じ、中国の酒類産業の社会責任情勢の要求、実践の進展、管理革新及び報告の進度を体系的に整理する。同時に、報告書は酒類企業の経済責任、環境責任、社会責任の3つの次元の履行をめぐって、酒類企業が社会責任を実践する優秀な事例を募集し、酒類業が国家戦略と社会民生に奉仕する責任の担当と自国の気持ちを示すよう努めている。

宋書玉氏は、「十四五」戦略発展期において、酒業の社会的責任促進事業はより高いレベルでより深い思考を行う必要があり、より長期的な未来に立脚してよりしっかりした事業を展開する必要があると述べた。「各メンバー単位が共通認識を深め、協力する背景の下で、酒と社会責任推進作業委員会は業界の社会責任の実践を推進する上で、より大きな成果を実現すると信じています。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です