2021年12月2日

主要産油国の増産維持が国際原油価格を押し上げる

ニューヨーク4月27日総合:主要産油国の増産維持政策が国際原油価格を押し上げる

劉亜南

国際原油先物価格は、石油輸出国機構(opec)とロシアなどの非opec産油国が27日、生産を漸進的に引き上げる政策を維持すると発表したことで、同日、大幅に上昇した。

ニューヨーク商品取引所の6月引き渡し分の軽質原油の先物価格は1.03ドル上がった1バレル当たり62.94ドルで取引を終え、1.66%上昇した。6月引き渡し分のロンドンブレント原油の先物価格は0.77ドル上がった1バレル= 66.42ドルで1.17%上昇した。

opecは27日声明を発表し、opecと非opec産油国の閣僚会議が4月初めに作成した5月から7月までの段階的な増産を継続することで合意したと明らかにした。opecと非opec産油国は4月初め、5月の1日平均35万バレルの増産に合意し、6月の増産幅は5月と同じ、7月の1日平均約44万バレルの増産に合意した。

opecは、金融緩和と財政政策の支援を受けて、今年は世界経済の回復が続き、下半期に加速すると述べた。しかし、最近、一部の国で新冠病が回復し、経済と原油需要の回復を妨げる可能性がある。

ロシアのノーヴァク副首相は27日、原油需要は回復しているが、新冠の流行が一部地域で急速に広がっていることが懸念されると述べた。

ウッド麦肯兹のマクロ石油市場の研究担当副会長が安・ルイス・リヒターは、「主要産油国つつ慎重の増産決定と執行を続け、バランスを試み疫学反発のため、インドなどに性の需要が減少し他の一部の地方の需要が回復可能。

同社のエネルギー市場アナリストのマーシャル・スティーブス氏は、米国や英国の景気回復による原油需要の増加がインドの減少を補うとの見方もあるが、インドのノロウイルス感染者の増加が懸念され、世界的な需要の伸びを妨げる可能性が高いと述べた。

オーストリアのjbcエネルギーの報告によると、インドのガソリン消費量とガソリン消費量は4月前半に前期比でそれぞれ3%と5%減少し、5月の需要は3月に比べてそれぞれ29%と20%減少すると予想されている。

ヒタル氏は、需要のほかに原油価格が直面しているもう一つの重大な不確実性は、イラクの核合意の関係者が米国の合意復帰の見通しを検討していることだと述べた。米国とイランが共同でイラン核合意の順守を回復すれば、米国はイランに対する制裁を解除し、イランは世界市場にさらに多くの原油を供給する可能性がある。

ubsグループの石油アナリスト、ジョヴァンニ・ストロノヴォ氏は、新型コロナワクチンの急速な接種と渡航制限の減少により、今年下半期には世界の一日平均原油需要が増加すると予想されると発表した。ブレント原油とニューヨーク原油先物価格は、1バレル= 70ドル以上へと上がった。地政学的な要因で供給量が大幅に減少すれば、原油価格はさらに上昇する可能性がある。

特布施として会社の会長が、米国にジム・特布施の中には、「opec +」生産とアジアの原油の需要が弱く引き上げの要因が交差し、グローバル原油の供給過剰と恐れ、原油の過剰の状況を緩和し、过去一年の原油を支えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です