2021年12月2日

寧夏新エネルギーの消納電力量が革新的に高い

銀川4月28日電電今年に入って、寧夏新エネルギーは「発展が速く、消納が良く、発送が強く、クラウドサービス」の特徴を示し、消納電力を実現した。第1四半期、寧夏の風景出力、新エネルギーの1日の発電量は9回連続で過去最高を記録し、消納新エネルギーの電力量は109.6億キロワット時で、前年同期比で51%増加し、利用率は96.3%に達した。

寧夏は中国初の新エネルギー総合モデル区で、現在、新エネルギーの導入量は平均3.5 kwを超えている。「西電東送」の重要な端として、寧夏は銀東、霊紹の2大直流外送通路に頼って「風光火」梱包外送。第1四半期、寧夏の送電量は前年同期比38.6%増の244.4億kwhに達し、そのうち新エネルギーの送電量は47.4億kwhに達した。

国網寧夏電力公司によると、「国網新エネルギー云」を通じて新エネルギー企業にサービスするデジタル経済プラットフォームを構築した。これまで寧夏には200社近くの新エネルギー企業が集まっており、各事業は「会っていない、ネット上で行い、早期にネットワークに接続し、早期に発電し、早期に収益を上げる」。

新エネルギーの高割合生産と高割合消納を実現するために、寧夏は現在、新エネルギーの輸送を主とする寧夏から湖南への直流外送チャンネル計画建設を積極的に推進しており、また「源網荷貯蔵」一体化と多能補完発展モデルプロジェクト計画研究を開始している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です