2021年12月3日

ネットセキュリティ人材の需要が高まり、求職者の平均月収は1万4013元

北京4月29日報道「2021年第1四半期、企業のサイバーセキュリティ人材に対する需要は急速に高まっている。采用需要は3カ月連続で前年同期比増加し、3月には前年同期比32%増となった。智聯招聘とチアンシンが29日に共同発表した「2021ネットワークセキュリティ人材報告」による。

「2021年に求職者が希望する平均月収は約14013.2元で、政企業机関が提供するサイバーセキュリティ関連職の平均月収は約11554.8元、セキュリティ企業が提供するサイバーセキュリティ関連職の平均月収は約13397.5元だった。」と報告した。

報告書によると、北京、深セン、西安、上海、成都はネットワークセキュリティ人材の需要が最も多い都市で、5都市の合計需要は全国需要の44.2%を占めている。ネットセキュリティの求人の求職者とネットセキュリティの求人の需要の上位5都市はすべて北京、上海、成都、深セン、西安だった。

安全企業を見ると、就職希望者の66.7%が大卒以上の学歴を求めている。政府企業機関の安全職の求人需要を見ると、49.9%が大卒以上を求めている。采用会社の所属業界を見ると、サイバーセキュリティ人材の需要が最も多い業界はit情報技術で、同社が発表したサイバーセキュリティ人材の采用数は全体のサイバーセキュリティ人材の采用数の42.7%を占めている。

政府・企業機関の求人を分析してみると、安全サービスと運転・保守関連の求人が41.5%で最も多く、次に研究開発とテスト関連の求人が14.3%だった。政府・企業機関の採用企業は、サイバーセキュリティ人材の採用過程で、31.7%の職場で1-3年の経験を求めている。次に、3 ~ 5年の勤務経験が28.7%だった。

智聯招聘とチアンシンは29日に行われた「炬火計画—インターネット招聘安全連盟公約発表会及び2021首都インターネット安全日インターネット招聘業界インターネット信安全フォーラム」でこのような報告書を発表した。

採用業界によると、インターネットを规范経営行為は、いずれも合法的権益を保障し、公正競争の秩序を守り、インターネット採用促進業界の健全な発展を続け、中国インターネット协会、中国消費者協会、北京の人材サービス業協会などの単位で、智聯求人と奇安新など企業採用安全連盟連合にネットワークを構成して。

イベント会場では、郭盛智連採用ceoが公約内容を詳しく解説し、インターネット採用業界の安全技術について簡単に説明した。例えば、利用者個人情報保護制度では、個人データの脱感暗号化、アクセス権限の十分な告知、プライバシー保護機能の強力な注意喚起などの措置をとっている。

郭盛氏によると、業界は多くの努力をしているが、複雑なブラック産業チェーンとビジネス環境に直面した際には、技術保護を絶えず強化し、サイバーセキュリティの防犯レベルを向上させる必要がある。業界内では開放的な協力の態度を持ち、積極的に共同防除の方法を模索する必要がある。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です