2022年1月28日

広東省東莞市、住宅価格の上昇率を厳しく規制する住宅政策を発表

東莞4月29日広东省东莞市の住宅と都市と農村建設、东莞市市場監督局、东莞市不動産登録センターが29日、合同ブリーフィング「商品の新築住宅の販売価格指導を強化についての通知』では、売れ残りの商品の新築住宅の販売価格引き上げの間隔、許可を分譲(現売まとめ証書)が后半から1年延長、上げ幅は3%以下(冊数含む)。

広東、香港、マカオの大湾区の中心都市として、東莞は近年、住宅価格の上昇が顕著です。住宅価格をコントロールするために、東莞市は多くのコントロール政策を発表した。今回のニューディール政策は、東莞市が昨年7月に発表した分譲制限、分譲制限政策と今年2月に発表した6つの不動産市場政策に続いて、再び実施される。

今回のニューディール政策によって、開発業者は分譲価格の公示価格制を厳格に実施し、公示価格と「1住宅1価格」を適用し、分譲許可証をもらってから10日以内に一括してすべての分譲元と1住宅当たりの価格を公開しなければならない。分譲業者は「分譲価格規定」に基づいて価格を表示しなければならず、商品やサービスを縛り付けたり条件をつけたりといった限定的な方法で強制的に提供したり、料金を縛り付けたりといった違反行為があってはならない。東莞市市場監督管理部門は、住宅都市・農村建設などの部門と共同で、分譲マンションの販売価格行為に対する監督力を強化し、共同懲戒を強化する。

通知の要求によって、審査を経て確認申告の商品の新築住宅価格は、同種目として申請本年内で予算申告(現)売上の平均価格は、開発業者が拟办予算(現)分譲棟の状況によって自ら、定価が那須軒(棟)の単位での販売価格の申告、同じ上違う軒(戸)申告平均価格差が幅が10%を超えないよう、地上建筑の階数4階以下の住宅は、同一ロットで異なる棟(棟)の平均価格の差幅が40%を超えないで、同一棟(棟)の最高単価と最低単価の住宅の平均価格の差幅が25%を超えないでください。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。