2022年1月28日

東莞市、新住宅の住宅価格の1年間の上げ幅が3%を超えることを禁止

4月29日東莞市住宅・城郷建設局によると、東莞市住宅・城郷建設局など3部門は29日、「新築商品住宅の販売価格指導の一層の強化に関する通知」を発表し、同日から施行される。この中で、売れ残りの新商品住宅の分譲価格の引き上げ期間を、分譲許可証(現売届出書)取得後半年から1年に延長し、上げ幅は3%(冊数含む)を超えないようにした。販売価格の引き下げ間隔は半年と変わらず,引き下げ幅は制限しない。

募集した通知を要求し、撮影して、土地の商品の新築住宅事業を、本通知の施行日から初の初めて踏む前売り許可申請や同時分譲をまとめた、べき根拠が売一方地価、合理建安コスト、合理的な販売管理コスト、納め歳費、合理的利益などの要因を合理的に商品の新築住宅の販売価格をまた、市住宅の都市と農村の建設局に申告する前に許可または現在の販売を申請します。審査を経て、開発企業の申告価格が明らかに不合理なことが判明した場合、市住宅都市農村建設局は分譲許可証の発行を一時停止したり、現在の販売書類を処理しないでください。審査を経て確認された新築商品住宅の申告価格は、当該プロジェクトが今年度中に申請した分譲予定価格の平均申告価格として、開発企業は予定分譲マンションの棟の状況に応じて価格を決めることができる。ただし、棟単位で申告しなければならない。同一ロットの異なる棟(棟)の平均価格の差は10%を超えない(地上4階以下の住宅は同一ロットの異なる棟(棟)の平均価格の差は40%を超えない)、同一棟(棟)の最高単価と最低単価の住宅の平均価格の差は25%を超えない。

また、協議分譲などで土地を取得した新築商品住宅については、本通知の施行日から最初に分譲許可を申請したり、現売の届出をしたりする場合、その分譲価格の決定原則については、取得した土地の商品住宅を参照してください。うちが売一方地価より所在ない通り镇街(団地)前年度開所分譲住宅用地が売一方平均地価の90%が確定し、無住宅用地開所分譲の前年度、参照価格レベルの周辺镇街(団地)、よりないその通り前年度開所分譲住宅用地が売一方平均地価の90%に確定した。

通知は提出して、厳しく項目の価格の上げ幅を抑えます。本通知の施行日前に既に販売予定の新築商品住宅を購入した場合、次の方法で販売価格を申告する。

この項目は、第2点の価格設定原則によって計算された制御価格が現在価格を下回っていれば、現在価格で実行することができ、第2点の価格設定原則によって計算された制御価格が現在価格を上回っていれば、前回の平均価格より5%以上、計算価格を超えてはならない。

売れ残りの新築住宅の分譲価格の引き上げ期間は、分譲許可証(現売証明書)取得後半年から1年に延長され、上げ幅は3%(冊数含む)以下となる。販売価格の引き下げ間隔は半年と変わらず,引き下げ幅は制限しない。

通知書はまた、開発業者は分譲価格制を厳格に施行し、分譲許可証を取得してから10日以内にすべての分譲元と1軒当たりの価格を一括公開するようにした。分譲業者は「分譲価格規定」に基づいて価格を表示しなければならず、商品やサービスを縛り付けたり条件をつけたりといった限定的な方法で強制的に提供したり、料金を縛り付けたりといった違反行為があってはならない。市場監督管理部門は、住宅都市・農村建設部門と共同で、分譲価格行為に対する監督を強化し、共同懲戒を強化する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。