2021年12月2日

ストーンテクノロジーが2020年の年報を発表:純利益は13億6900万元に達した

ストーンテクノロジー(688169. sh)は本日、2020年第1四半期決算報告(以下「アニュアルレポート」といいます)と2021年第1四半期業績報告(以下「四半期報告」といいます)を発表しました。年報によると、2020年度の売上高は45億30万元で、前年同期比7.74%増だった。純利益は13億6900万元で、前年同期比74.92%増。4つの四半期別業績は前期比で連続して伸びた。

一方、2021年1四半期報告によると、第1四半期の売上高は11億1200万元で、前年同期比で82.01%増加した。純利益は前年同期比150.81%増の3億1500万元。営業活動によるキャッシュフローは,前年同期比82.89%増の4億3500万円となった。

昨年の年報によると、石科技の掃除ロボットの総出荷台数は238万台を超え、売上高は43億50万元で前年比11.08%増となった。

石の科学技術側は、主な業績の駆動要因は一方で会社がプライベートブランドの販売チャネルを徐々に開拓し、ブランドの宣伝を強化し、粗利の高いプライベートブランド制品の売上高の割合を66.41%から90.72%に高めることだとみなしている。一方、主力製品で海外事業を急速に拡大し、収益力を牽引した結果、海外売上高は前年同期比221.33%増の18億6800万元となりました。

年報によると、石科技は現在9つのプロジェクトを研究しており、2020年の全体研究開発費は2億6300万元に達し、前年同期比36.30%増加した。開発スタッフは382人、比率は55.85%。年間で国内外で115件の特許が追加され、累計で284件の特許が追加された。

石石科技の昌敬董事長兼ceoは、「石石科技は長期的な発展のために投資し、大規模で質の良い「予備軍」を備蓄し、企業の発展に強力な内発的ドライバーを提供したい」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です