2021年12月2日

ファッショナブル創業者、崔健氏「業界の弊害をなくしてインテリアを透明に」

4月30日「家に座って家を設計できるアプリがあれば、契約書や書類を計算して、3、4ヶ月帰ってきたら住み、思いを実現するのが見たこと、見たことが得だったらいい」これが創業当初、崔健氏とチームクリエイター1人の最初の構想だった。

現在、この構想は現実のものとなっている。4月29日、おしゃれ家のホーム&ホーム戦略兼アプリのローンチ発表会が北京で行われた。ファッショナブル創業者の崔健氏は、伝統的なインテリア市場にあるさまざまな弊害を排除し、消費者に真のサービスを提供する製品を作るという創業の初心を分かち合った。

内装工事を経験したことのある人なら、そのことに頭を抱えているかもしれない。崔健自身もそうだ。十数年前の内装工事の経験で、もともと10万元の予算が60%オーバーした。その後の2回の内装工事の経験では、リベートの問題、追加の問題、延期の問題など、予期しないトラブルに遭遇した。

「胸が苦しくて」チェ・ゴンさんは打ち明けた。確かに、これは内装工事を経験した多くの人が一番ストレートに感じていることです。

そのため、崔健さんは、家具市場にサービスするこの制品は、顧客価値を出発点とし、透明化、規則化、非中間化、全定型化、数値化、多様化という「六化」を提案したいと考えている。

崔氏の考えでは、供給側と需要側を単純に線上化するのではなく、まずは腰を据えて技術、論理、ビジネスモデルを使って、供給側の改造を着実に行っていく。

「サプライチェーン側を改造して、トレーサビリティを高め、透明にすることで、良貨が悪貨を駆逐するような業界が形成される可能性がある」崔健は言った。

6年間の探索を経て、ついにインターネットのインテリアプラットフォームであるおしゃれ家の新登場を手に入れたという。しかも今回の登場の背後には、おしゃれ家が国美持株の強力な加持を得て、共同で「家」を推進しているという。「生活」戦略の全面実施。

国美控股集団の杜光ceoが述べたように、国美とファッション専門家は互いに尊敬する戦友から共に進退する家族になり、手を取り合って透明、スマート、開放、共有のインターネットスマート内装エコプラットフォームを構築する。

崔健現場によると、インテリア市場の規模は巨大で、関系机関の報告データを引用して、四線以下の都市の内装費の割合が上がるにつれて、インテリア市場は現在の5兆元から2025年ごろには6兆元に達し、この規模は家電業界の4倍以上になるという。

広大な市場を前に、崔健氏は3年後の2024年にオシャレの売上規模を5000億元にするという短期的な目標を自ら設定し、オシャレの独立上場を推進する計画を立てた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です