2021年12月2日

周鴻禕氏が革新人材の特質を分かち合う360大学が提携して人材育成基地を作る

4月30日「何よりも重要なのは、群衆から離れていることだ。革新的な人材は好奇心を持ち、知見に飢えている。次に質問が上手で、わからないことを認めることです。最後に、自分から勉強し、読書の習慣を身につけてください」この発言は28日、中国基礎教育革新発展フォーラムの著名な校長が360グループを訪れ、「抜き抜き革新人材育成計画」というテーマの交流活動を行った際、360グループの創始者で会長の周鴻禕氏が個人の成長体験について言及した際のものだ。

今回のイベントは中国基礎教育革新発展フォーラムが主催し、360グループが主催し、北京中学、清華大学付属中学、北京理工大学付属中学通州校区、北京十一学校、欽州市第二中学など36校の有名小中学校の校長や教育責任者が参加した。フォーラム秘書長の王海竜氏と周鴻禕氏は共同で有名企業・有名大学イノベーション人材育成実践基地を立ち上げた。

周鴻禕氏によると、未来はデジタルツインの世界で、産業生産、エネルギー、交通、医療、金融、都市と社会ガバナンスなど、デジタル時代のあらゆるシーンにサイバーセキュリティ、データセキュリティのリスクが広がっている。

「デジタル化は美しいと同時に大きな挑戦をもたらします。5 gは消費者のためだけでなく、iot時代のためのものでもあります。個人のインターネットデータには精度精度が求められるわけではないが、将来のビジネスデータやデジタルマネーのデータなどは勝手に改竄することはできないだろう」周鴻禕氏によると、デジタル時代では安全が再定義されつつある。360は15年間、世界最大のセキュリティ・ビッグデータとナレッジベースを保有し、デジタル経済のセキュリティ・ガーディアンになりつつある。

周鴻禕氏は、サイバーセキュリティ建設だけでなく、サイバーセキュリティ人材の教育と育成も重視すべきだとみなしている。

360安全人材能力発展センターはネットワークセキュリティ人材能力システムの研究に基づいて、『ネットワークセキュリティ人材能力発展白書』を発表し、組織セキュリティ能力建設のために人材育成の根拠と職業発展のクローズドループを提供した。

現在、360は360安全侠護苗計画のモデル地区である青少年インターネット安全強基教育基地を造成し、青少年インターネット安全分析報告書を作成し、青少年のインターネット安全を保護するための考え方を提供し、未成年者に適した安全製品などを発売している。同時に、360北京ネットワーク安全教育体験基地、ネットワーク安全協同革新産業基地、青少年ネットワーク安全科学普及体験基地などが完成した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です