2022年1月28日

明万達氏がidc2021年「中国データセキュリティ市場研究」報告書に選ばれた

5月6日、諮問機関idcは2021年「中国データセキュリティ市場研究」報告書を発表した。明万達科技股份有限公司(以下、明万達)はデータセキュリティ分野での実績を評価され、「専業型セキュリティ会社」に選ばれた。明朝万達は「安全にデータ価値を鋳造する」という発展理念を堅持し、3000社を超える顧客にデータセキュリティソリューションを提供している。

2005年の設立以来、明国万達は顧客の信頼を得ている。2011年に金融事業に参入し、現在では同分野のデータセキュリティ市場で80%のシェアを占めています。公安分野では、公安の移動情報化をきっかけに、明の万達は、ユーザーの好評を受けて、いくつかの技術をリードするプロジェクトを建設しました。

ここ数年、明の万達は工信部と北京市の専精特新「小さな巨人」企業、中国のサイバーセキュリティ100強、電子政務プロバイダー50強などに相次いで選出され、2020年度の第10回呉文俊人工知能科学技術コンテストで人工知能科学技術進歩賞1等賞を受賞した。

明万達はこれまでに発明技術特許300件余りを出願し、130件余りの特許を授権し、iso9001、iso27001、cmmi3などのシステム認証を通過した。また、電気通信と情報サービス事業の経営許可証icp、付加価値電気通信事業の経営許可証ediなどの特殊業界の認証も持っている。自主的にシリーズ制品を開発し、公安部の販売許可証、軍事品b +認証、秘密保護局の渉外制品認証、国家重点新製品、北京市の新技術新製品など多くの認証を取得した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。