2021年12月2日

産業実体企業をサポートする天星数科のサプライチェーンアセットサポート計画が成功して設立されました

このほど、「天星数課-食糧配給チェーン1-50号資産支援特別計画」が深圳証券取引所で承認され、50億台の棚枠が確保された。このうち、「天星数課-食糧配給チェーン第1号資産支援特別計画」は成功的に設立され、発行規模は2億5800万人、額面金利は4%。

天星食糧票は、中核企業の売掛金に対するサプライヤーの電子債権証書を記載するために使用され、デジタル産業プラットフォームの中で分割、流通及び融資を行うことができる制品であることが理解されている。今回の特別計画は天星食糧票を基礎資産として、電子債権の証拠書類、手形の決済資産をカバーして、より効率的に産業の実体企業の資金需要を満たすことができます。

この目的は设立チョンソン数科大データ、雲の計算、人工知能、モノのインターネットなどの分野の技術優位、資本市場を中低コストの資金をより効率的にさわる産業の実体を企業が、実現の実体企業金融産業での需要が感じ取れ適合、有効に実体が企業融資のコストを下げ、融資の効率を高める。

デジタル技術手段を通じて、実体をつなぐ産業や金融機関、チョンソン数科に万全の金融と産業間の「コンバータ」と「アダプタ」。一方で産業のデジタル化のアップグレードを推進し、実体企業がコストを下げて効果を上げるのを支援する。一方、ビッグデータ、雲の計算、天候鎖などデジタル科学手段、実体は産業の生産行為、経営リスク、産業データなど、金融への切り替えを属性のほど読んで信頼できる情報、評価できる検証が流転の助けに金融機関がうまく识读産業、読める企業、ベンチャー評価、サービス産業の実体企業よりして行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です