2021年12月2日

北京は世界最大の水素ステーションの建設を加速水素試験プラットフォームを第3四半期に完成させた

北京5月10日北京南部地域、敷地20万平方メートルの北京大興国際水素エネルギーモデル地区で建設が加速している。同モデルステーションは現在、世界最大規模の水素ステーションで、1日に4.8トンの水素を加えることができ、1日のサービス車両は600台に達する。今年第3四半期に水素ステーションの水素配管が接続される水素試験プラットフォームの建設が完了し、園区の中小企業に水素試験サービスを提供する予定だ。

10日、建設中の北京大興国際水素エネルギーモデル地区に足を運んだ。ここは北京大興国際空港、京東「アジア1号」、京南物流基地などの重要な交通拠点に隣接している。大興国際水素エネルギーモデル地区は、北京清華工業開発研究院の産業資源の優位性を頼りに、水素ステーション、水素エネルギー交流センター、科技園区をキャリアとして、産業基金、企業連合、特別政策、試験基地を支える「3+4」水素エネルギー産業生態系を構築している。水素エネルギー産業の研究開発、試験、生産、生活を一体化した革新生態系を建設する。

水素エネルギー交流センター内には、エンクロージャーホール、イミューズメントホール、サンシャインホールなどが設けられ、水素ステーション模型、水素燃料エンジン、世界初の水素燃料電池専用suvであるネクソ、新水素パワーシステム・フォークリフトなどが展示されている。

デ国際水素モデルの関係者によると、水素交流センターはテフン国際水素のモデルの特色の主体は、建築面積4888平方メートル、仮設の国际化研のプラットフォームで交流と協力、作る集水素社会、水素の成果、企業が技術製品発表とは一体の浸って式の水素展示空間、体験と交流、水素エネルギーモデル地区の特色ラベルとなり、今年5月末に正式に開放される。来場者は序論ホールと没入型展示室で水素エネルギーについてより深い体験をすることができ、太陽ホールの科学技術成果展でも国内外のトップクラスの水素エネルギー産業の研究と応用成果が生き生きと展示される。

水素エネルギー交流センターの隣には世界最大の水素ステーション「大興国際水素エネルギーモデル区水素ステーション」がある。担当者によると、同ステーションには1日の水素ガスの充填量は4.8トンで、8台の水素充填機と16台の水素銃が設置されており、16台の燃料電池自動車に同時に燃料を注入することができ、1日のサービス車両は600台に達する。

「現在試験運行中で、毎日約10台の車があり、バスや物流車両などがここで水素を供給している。」責任者は次のように述べた。この水素ステーションの水素パイプは水素エネルギーモデル地区の水素テストプラットフォームに直接接続し、技術開発のために低コストの水素供給を保証している。

責任者は次のように指摘した。水素エネルギーモデル地区内の水素関連試験プラットフォームは今年の第3四半期に完成する予定で、完成後、同地区の中小企業に水素関連試験サービスを共有し、企業の研究開発コストを効果的に削減し、研究開発の革新能力の向上に助力する。

水素産業の発展に弾みがついた。2020年9月、中国国際サービス貿易取引会で、大興国際水素エネルギーモデル地区が除幕された。また、北京市大興区は海淀区、房山区など6つの区、河北省唐山市、保定市、天津市浜海新区、山東省淄博市、浜州市など11の都市(区)とともに京津冀燃料電池自動車モデル都市群を構成し、国家燃料電池自動車モデル都市の創設に参加した。

同じ席で、北京市経済情報化局は「北京市水素燃料電池自動車産業発展計画」を発表し、2段階の発展目標を提示した。2023年までに、国際的な影響力を持つ3-5の水素燃料電池自動車産業チェーンのリーダー企業を育成し、3000台の水素燃料電池自動車、水素燃料電池自動車の全産業チェーンの累計生産高が85億元を突破した。2025年までに、水素燃料電池自動車の世界的な影響力を持つ5-10社の産業チェーンを育成し、水素燃料電池自動車の累計普及台数が1万台を突破し、水素燃料電池自動車の全産業チェーンの累計生産金額が240億元を突破することを目指している。

水素エネルギーモデル地区は、水素燃料電池産業の原子炉、二極板、膜電極、空圧機、プロトン交換膜、触媒、炭素紙、水素循環システムなどの重要な部品のリンクに重点を置いて、トップ企業のベルトとして、その上流と下流の企業を誘致して発展します。同時に、水素エネルギー産業エコプラットフォームを構築し、先見的な技術レイアウトを行い、先行する重要技術チームを探し、産業孵化システムを通じて誘致、孵化を行い、産業チェーンを補完する。現在すでに集まった竜頭企業は億華通、液空厚普、水木浜華、海パール、海徳利森、慧垣水素能、驥など30余社にのぼる。

担当者によると、大興区は大興国際空港、京東「アジア1号」などの豊富な資源の優位性を頼りに、燃料電池自動車の空港バス、都市物流などの分野の商業化応用を絶えず模索し、水素エネルギー生態産業チェーンの構築に全力を尽くす。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です