2021年12月2日

専門家は炭素市場の金融化:リスクと影響を十分に考慮すべきだと提言する

太原5月16日報道:「炭素市場デリバティブを発展させるには、炭素市場の金融化がもたらすリスクと炭素市場の発展への影響を十分に考慮しなければならない。」清華大学エネルギー環境経済研究所の張希良所長は次のように述べた。

2020年9月、中国は「2030年までに二酸化炭素排出量のピークを達成し、2060年までにカーボンニュートラルを達成する」と宣言した。「カーボンダルボン」「カーボンニュートラル」、エネルギー分野で「ホットワード」。山西省太原で15日から16日にかけて、第9回全国低炭素発展管理学術年会が開催され、専門家や学者、企業の幹部が低炭素排出について議論した。

張氏は次のように説明した。現在、61の国と地域が炭素価格決定ツールを采用または采用する予定で、そのうち31の国が炭素市場を選択し、30の国が炭素税を選択している。「炭素市場は数量政策で、排出総量が与えられれば、市場は炭素価格を決定する。炭素税は価格政策であり、税率が与えられれば、市場は排出量を減らすことを決定する。現在、中国は炭素市場を選択しており、将来的に炭素税を組み合わせる可能性がある」と述べた。

2011年、中国は北京、上海、天津、重慶、湖北、広東、深圳の7つの炭素取引のパイロット事業を開始した。2013年、上海の炭素排出取引市場は取引を開始した。福建省は2016年に8番目の炭素取引パイロットになった。2017年、全国の炭素市場の段階的な建設プロセスが開始された。2021年1月1日から、全国の炭素市場の第1サイクルが正式にスタートした。

「エネルギー関連炭素炭素排出量の70%以上がエネルギーや製造業などの産業部門から発生しており、電力の70%以上が産業部門で、石炭の約50%が発電や熱供給部門で使われている。」張氏は次のように説明した。全国の炭素市場は電力業界を突破口にして、最初の2225の発電業界の重点排出単位を全国の炭素排出権登録システムに組み入れた。

中国は初めて国家レベルで温室効果ガス規制排出の責任を企業に押しつけ、市場逆転メカニズムを通じて産業技術のアップグレードを促進した。石油化学、化学工業、建材、鉄鋼、有色、製紙、電力、民間航空などの8つの高エネルギー消費産業は、「第14、5回」期間中に炭素市場のカバー範囲に段階的に組み入れられる。

現在、中国は都市化、工業化のプロセスが続いており、世界の鉱物資源の第一消費大国として、排出総量が高いことと目標期限が差し迫っていることが併存しており、経済発展のエネルギー成長需要と削減炭素削減圧力が併存している。データによると、2020年末までに、8つの炭素取引パイロットで累積した炭素排出割当量は二酸化炭素換算で4億4500万トン、取引金額は104億元に過ぎない。

张希良提案、削減の公約に即し、排出構造、市場の条件などの国情を段階的に補完し全国炭素市場のデザイン、炭素市場は全国の総量の設定と全国の炭素排出総量制度の有機的な統制、炭素市場の主体の役割を十分に、分配の研究の競売方式を導入する一部の炭素排出額、炭素市場と炭素税を繰り広げて二つの政策ツール協同研究を実施する。

「効果的な炭素市場は、市場参加度と活発度が高く、炭素価格レベルが合理的で、排出削減のインセンティブが効果的で、市場秩序が良く、炭素漏れのリスクが小さく、企業や業界に対する競争力が小さいなどの特徴を備えなければならない。」張氏は、中国の炭素市場は世界最大の炭素市場となり、発展途上国の炭素市場の建設と地域の炭素市場に連続して参考を提供すると述べた。

現在、炭素取引テスト地域と炭素債権金融機関が続々と開発、炭素オプション、炭素ファンドなどの金融商品を张希良は、炭素市場の本質の属性である炭素削減を目標とする政策ツールで処理しなければならないいい炭素市場の本質の属性と金融の属性の関係を「炭素市場発展金融派生品、サービスは炭素排出削减を出発点にしなければならない。」(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です