2021年12月3日

vivo、アクティブノイズリダクション機能を搭載した初の本格ワイヤレスイヤホンを発表

vivo tws 2は5月20日、「高音質で静かに聴く」ことをコンセプトにした本格ワイヤレスヘッドフォンで、価格は499元で発売された。vivo tws 2は、vivo初のアクティブノイズリダクション機能を搭載した真のワイヤレスイヤホンで、最大40 dbのノイズリダクション深度を提供し、インテリジェントな動的ノイズリダクションをサポートします。発表会で、vivo tws 2eは同時に発表された。強力な航続力、複数デバイスのデュアル接続、低遅延ゲーム、超軽量ウェアラブルなどの機能をサポートしている。価格は299元。

今回、vivo tws 2の音質はvivo金耳音響実験室が自ら校正し、多くの新技術を使用した。

まず、vivo tws 2に新しいdeep-hd hdオーディオエンジンを搭載した。vivo tws neoのaptx adaptive符号化・復号化技術を搭載しており,従来の1.5倍の情報量を提供できる。vivo tws 2はqhs高帯域技術と組み合わせることでオーディオ伝送帯域幅を最大2倍に向上させ、新しいアンテナ設計により無線接続の安定性を20%向上させた。

このほか、vivo tws 2は12.2mm超大型ユニットを搭載している。deepx 2.0ステレオ効果に合わせて、vivo tws 2は超重低音、澄んだ人の声、澄んだ高音の3種類の異なるサウンドスタイルを実現し、より多くのユーザーのリスニング習慣にフィットします。

vivo tws 2は、インテリジェントな動的ノイズリダクション技術を搭載し、最大40 dbのノイズリダクション効果を提供します。搭載したマイクロホンでノイズの変化を捉え、その変化や装着状態の変化に応じてノイズ低減レベルを調整することで耳圧を軽減し、ユーザーの不快感を軽減することができます。また、vivo tws 2は、深さ、レギュラー、ライトの3種類のノイズ低減モードを手動で切り替えることができ、さらにスルーモードを提供し、ヘッドホンを取り外さなくても正常に交流することができます。

また、vivo tws 2は、新しいダクトデザインを采用し、3つのマイクで通話時のノイズ低減に対応し、フロントと比べて148%の耐風雑音性能を向上させ、ランニングやサイクリング時、さまざまな騒がしい環境でも通話品質をクリアに保つことができます。

最初のデュアル伝送技術からfulllink88 msゲームの低遅延まで、vivoは常にユーザー体験を最優先にしています。vivo tws 2では、最大30時間の航続が可能で、ノイズリダクションをオンにすると1回で最大4.5時間、ノイズリダクションをオフにすると15分充電すれば4時間の再生が可能です。

また、マルチデバイス・デュアルリンク技術により、vivo tws 2は2台のデバイスを同時に接続することができる。vivo tws 2はプレスコントロールにも対応し、各種コマンドをワンタッチで実行します。

vivo tws 2電池は、高航続性に加えて、単耳4.7gと大幅に体積と重量が向上している。また、vivo tws 2は3 d人間工学デザインを採用しており、耳の穴はより自然にフィットする。ビジネスユニットに合わせた特殊な貫通孔デザインで、耳圧のアンバランスを緩和し、長時間の着用に快適です。

vivo tws 2シリーズの本物のワイヤレスヘッドフォンはすでにオンラインとオフラインのチャネルを通じて販売を開始し、6月1日に正式に販売を開始した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です