2021年10月23日

ビッグデータ時代、データはどうやって「オープンで防御的」になるのか。

貴陽5月28日報道:国家基礎戦略資源として、データは「21世紀のダイヤモンド鉱山」と呼ばれている。この「ダイヤモンド鉱山」をどうやって掘るのか。

5月27日、2021中国国際ビッグデータ産業博覧会のデータセキュリティに関するハイエンド対話が貴陽で開催され、復数の専門家が「ネットワークのビッグデータのセキュリティを構築し、産業のデジタル化の波を受け入れる」について意見を述べた。

データ大国、新たな安全問題に直面

「私たちはデータ大国ですが、まだデータ大国ではありません。特に、基礎技術、ハイテク技術、コア技術には大きな差があります」中国法学会の張蘇軍副会長はまず、わが国のビッグデータ産業の現状をまとめた。

張蘇軍報道官の見解によると、中国のビッグデータ産業は独自の優位性を持っており、ネットユーザーの規模が大きく、応用シーンが豊富で、インターネット企業のビジネスモデルの革新能力が高い。しかし、質の高い発展の中で、データの開放的な共有、重要技術の向上、データ駆動型の変革などの多くの課題に直面している。

開放と分かち合いと言えば、安全問題がボトムラインになるのは当然だ。

「データセキュリティとネットワークセキュリティは共存しており、現在のデータ経済の健全な発展、ひいては中国経済の質の高い発展に関わる重要な核心問題であり、これを高度に重視しなければならない。」工業・情報化部ネットワークセキュリティ管理局の杜広達副局長によると、データセキュリティ問題は国内外の注目の焦点となっており、ある研究機関の統計によると、2020年の年間データ漏洩件数は約360億件、データ漏洩事件による企業の被害額は平均386万ドルに達する。

注目すべきは数字だけではありません。技術の発展に伴い、データセキュリティの要件は変化しています。

中国インターネット協会の黄澄明副理事長によると、これまでのビッグデータのセキュリティは主に外部のハッカーによる攻撃、改ざん、言い逃れなどを防ぐことだった。現在のビッグデータのセキュリティは、ビッグデータの全プロセスをセキュアに利用することを目指している。

杭州インターネット裁判所の倪徳鋒副院長も次のようにみなしている。データが静的な環境下では、セキュリティ問題は主にデータが失われず、権限を超えてアクセスされないようにするため、采用されるセキュリティ防止策は主にネットワークセキュリティセンターが配置し、例えば常用のイントラネット、外部ネットの設計を行うことだ。現在では、データの動的、流通の共有を背景にデータセキュリティが論じられている。従来のデータセキュリティの問題が増幅され、データセンターが直面する攻撃や漏洩のリスクが急増し、データ財産権のセキュリティも問題となっている。

フローデータの「セキュリティロック」

動的な環境でデータのセキュリティがより大きな課題に直面しているのに、なぜデータの流れが必要なのでしょうか。

「データは流通してこそ価値がある。データの特徴は、限界効果が増え、流通共有の中で価値が倍増することだ」倪徳鋒が説明した。

ますます活発になるデータ流通が不可逆的な傾向になり、データの安全問題を解決しようとしているとき、張苏軍氏は「オープンでなければならず、防御も必要だ」と考えている。

「聖域」をどうやるの?黄澄清は、技術と管理を並行しなければならない。その根底には技術がある。

「データがどこからどのように流れたのか、どこに流れたのかが記録されている「データの確かさ」という問題を、まず解決しなければなりません。これは、iot(モノのインターネット)の識別技術やブロックチェーンなどの技術開発によって実現されますが、現在の識別技術はコストが高すぎるため、将来的にはコストを下げて適用する必要があります。」

中国情報通信研究院の魏亮副院長は次のように説明した。データセキュリティ産業はサイバーセキュリティ産業の重要な構成要素として日増しに強化されている。調査データによると、2020年のデータセキュリティ産業の規模は356億と推定され、まだまだ発展の余地が大きい。「今後5年、韓国のインターネット安全産業の規模が、複合率は15%程度、は期待のスピード。」

年齢が技術の発展は、行政管理監督もフォローアップしなければならない。

と、杜广达工信部と工業情報化の強化、安全の屋上でデザイン分野のデータ研究データの安全管理制度を;同時に、データセキュリティ監視技術プラットフォームの構築を加速させ、省、省、企業の三級データセキュリティ通報メカニズムの確立を模索し、データセキュリティのリスクを速やかに通報する。

「法律家からすれば、データガバナンスの法的化が切実だ」倪徳鋒氏は次のように付け加えた。法治化治理の前提は法に依拠することだが、この方面の立法には確かに少なからぬ客観的困難がある。しかし、しばらくの間、データセキュリティ法と個人情報保護法が制定されることになった。

「中国のビッグデータ産業の建設は長期的なプロセスであり、今後3-5年は持続的な展開の発展段階であり、同時に我々の配置のゴールデンタイムでもある。」张苏军は、必要な革新は既存の基盤が優位を利用し、発展の中で難題を解決し、健全で速いビックデータ産業の発展を推進。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です