2021年10月23日

南京市が「無住宅家庭」の住宅購入のハードルを上げたのは、これを満たすためだ

南京、「無住宅家庭」の敷居を高める:2年間無住宅+1年社会保障を満たす必要がある

南京市は「無住宅世帯」の住宅購入の敷居を調整した。

5月28日、南京市の住宅保障と今回の発表の「最適化はさらに無住宅世帯請約仕事に関する通知」、「無住宅の世帯」那須南京同市戸籍、全市の範囲内で無住宅の自己以外に、まだ満足しなければ2年間無住宅の自己登録情報や取引記録、南京で納付12ヵ月連続の名残りなどの条件。5月29日に施行される。

南京市住宅保障・不働産局は、住民の自住需要を確実に保障し、無住宅住宅の購入需要を的確にサポートするため、無住宅世帯に対する最新の認定基準を実施すると指摘した。つまり、家のない家庭は、元の戸籍、南京の名前の下で、2つの認定基準を追加する必要があります:

1つは、住宅購入証明書が発行される前の2年以内に所有登録情報と取引記録がないことである。贈与物件、取引譲渡物件(シェア取引を含む)、司法上の移転物件はすべて取引記録または登録情報に含まれる。

2つ目は、住宅購入証明書の発行日前1年以内に南京市で連続して12ヶ月町の社会保険または箇人所得税を納付することです。町の社会保険や箇人所得税の証明を提供できない場合、南京戸籍は満5年でなければならない。

新規則によると、南京の既存住宅制限購入政策に合致するが、無住宅世帯の認定基準に合致しない者に対しては、一般家庭の住宅購入政策に基づいて実施される。『南京市常住戸籍登録管理規定』を満たし、大学や専門学校、技工学校に合格した学生は、在学中に本籍地から学生施設に転入し、「無房家庭」と認定されない。

また、「通知」によると、南京市は無住宅世帯の供給比率を拡大し、商品住宅プロジェクトの各ロットで、120平方メートル以下のパッケージの割合は60%以上で、無住宅世帯の登録数は無住宅世帯の3倍以上で、無住宅世帯の供給比率は30%から40%に増加した。

南京市は2020年7月22日に「当市の不働産市場の安定的で健全な発展の促進に関する通知」を発表した。その中で、当市戸籍に住宅がない世帯の住宅購入ニーズを優先的に保障し、商品住宅プロジェクトは当市戸籍に住宅がない世帯に1回当たり30%を下らない住宅源を提供すると述べている。

例えば、ある商品住宅プロジェクトは、「わが市の不働産市場の安定と健全な発展の促進に関する通知」(寧房市字〔2020〕132号)によると、不働産のない世帯の供給割合は30%、すなわち60世帯になる。「無住宅世帯の住宅購入の更なる最適化に関する通知」(寧促進房健事務局〔2021〕3号)によると、例えば120平方メートル以下の面積セグメントの住宅購入の数は150軒で、登録物件総数の60%以上を占め、同時に無住宅世帯の登録件数は200人に達し、無住宅世帯の3倍を超える。無住宅世帯の供給比率を30%から40%に引き上げ、無住宅世帯の供給スイートルームは80戸とした。

新聞には思慮がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です