2021年10月23日

ソフトバンクとセコイアが主要株主となっている

5月28日、mangangグループ(以下「mangang」と略す)は米国証券取引委員会(sec)に新証券取引所(nyse)に上場するための第1回公募株券を提出した。ティッカーシンボルは「ymm」。今回の増資によると、ソフトバンクとセコイアが主要株主となっており、上場前の持分比率はそれぞれ22.2%と7.2%だった。

満、江蘇运がいっぱいと貴州トラックを手伝ってくれは2017年に合併し、标准化の貨物取引手続きを通じて、家を建てた直さえ荷主と運転手のラインの数字、貨物プラットフォームを探し荷主効率を実現した車の運転手が急速にガラガラの機能を探し、トラック空驶や自分の待機時間を減らし、全面道路運送効率を高める。

投資趣意書によると、2020年の年間gtv(プラットフォームの総取引額)は1,738億元で、中国のデジタル貨物プラットフォームgtv全体の約64%を占め、受注量は7,170万件に達し、280万人のトラック運転手がプラットフォームで貨物の受注を完了し、中国の中大型トラック運転手の約20%を占めた。

フルバンドはオンライン情報プラットフォームを通じて、効率的に貨物の需要と供給の両端をマッチングさせ、貨物の持ち主と運転手との接続を完了させ、従来の「荷主が運転手を探す」と「運転手が荷主を探す」という局所静的パターンから、グローバル最適動的マッチングのブレークスルーを実現した。

具体的に満して、かなりの回線、積んで、価格、車種および移行のデータをもとに、多元のラベル次元構築を通じて、非表示データのストラクチャードを実現し、ai、雲の計算技術、受注の早い適応や運送を実現した経路の知能のプランをつくった貨物プラットフォームのデジタル化、標準化、知能の効率化。

また、プラットフォーム上の荷主と運転手の多様なニーズに対応して、共同産業パートナーを全面的に支援し、ユーザーに輸送管理システム、etc、エネルギー、トラック販売、信用、保険ソリューションなどの付加価値サービスを提供し、道路輸送の全サービスシーンをカバーする貨物輸送の新経済生態系を構築している。

マニフェストによると、2020年末までに、満幇の業務は全国300以上の都市をカバーし、路線は10万以上をカバーし、非常に密集した全国の路線網を形成し、巨大なネットワーク効果を形成している。路線網は中国の各地級市と他の数百の都市を結び、百万級の非標准貨物を路線別に百万級のユーザーが輸送するように動的に編成することで、グローバルで最適な複雑な動的マッチングを実現しています。

マニフェストによると、2021年第1四半期のプラットフォーム荷主のmaus(月間アクティブユーザー数)は122万件、輸送受注は2210万件と、いずれも著しい伸びを見せており、2020年同期と比べて成長率はそれぞれ67%、170%となっています。2021年3月時点で、フルプラットフォームの荷主であるmaus(月間アクティブユーザー数)は140万人に達しています。

財務面では、今のところフルバンドの収入は主にコアな貨物マッチングサービスと付加価値サービスの両面から出ている。募集書のデータによると、満幇の2019年と2020年の売上高はそれぞれ24億7000万元と25億8000万元で、前年同期比4.4%増だった。このうち、貨物マッチングサービスによる売上高は17億7000万元から19億5000万元へと10%増となった。また、コスト構造を最適化することで、営業コストをフル計上した粗利率が44%から49%に増加し、会社の精緻な運営能力がさらに向上しました。

一方、2020年の付加価値サービスの売上高は6億3000万元で、全体売上高の4分の1近くを占めている。マニフェストによると、2020年にはフル・バン・プラットフォームで少なくとも1つの付加価値サービスを約192万8300人のユーザーが利用しています。

2021年第1四半期には、gtvは515億元で、前年同期比108%増となり、売上高は8億6700万元で、前年同期比でほぼ倍増した。

また、マニフェストによると、非米国一般会計基準(non-gaap)に基づいて、フルギャングは2020年に2億8100万元の純利益を達成し、2021年第1四半期には1億1300万元の純利益を達成し、前年同期比3.4倍の大幅な増加を達成した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です