2021年10月23日

2021 wucl大学電競チャレンジ大会決勝進出マカオと横琴

珠海の5月31日、31日、2021 wucl高校電気競連盟チャレンジ大会本選協力枠組み合意契約式には、珠海横琴国際ビジネスセンターで行われ、深圳市騰訊コンピューターシステム有限会社と帆リットルのスポーツ文化(マカオ)新ウェイウェハオグループ有限会社、マカオ、珠海大横琴文化メディア有限会社の協力枠組み合意の締結ファイナル。決勝戦は珠海横琴とマカオの「1試合2地」モードで行われる。

wucl大学eスポーツ連盟チャレンジ大会はこれまで3回開催され、累計60都市、3000校の大学、100万人の大学学生をカバーしている。

2021年、wuclは『英雄連盟』『王者栄光』『平和エリート』の3つのメインストリームのeスポーツ種目をカバーし、応募者はオーディション大会と地区大会の激しい競争を経て、最終的に8月に珠海市とマカオ市の両地区で開催される決勝戦で優勝を争う。

「今年のwucl決勝戦が初めて国境を越えたデュアル・シティー方式で開催されたことは、大会にとって間違いなく新しいマイルストーンです。」深セン市テンセントコンピュータシステム有限公司テンセントスポーツ資源センターの賈文秀ディレクターは、マカオは一貫して文体産業の融合発展の先鋒であり、珠海横琴新区は革新実践と改革の突破を経て、文体産業の多元化発展の代表になったと述べた。

大横琴集団有限公司の朱傑副社長によると、珠海はテンセントが提案した「eスポーツ都市発展計画」の最初の着地都市であり、「英雄連盟」2018デマシア杯、「誰が車王」qq車車s9決勝戦などのレースはすでに成功している珠海横琴、成熟した経験を持つ。今回の試合が観客に賑やかでユニークな観戦体験をもたらすことを期待しており、eスポーツ高校の試合にも参加し、珠澳両地の大学生の交流と交流、心の触れ合いをさらに促進する。

帆升体育文化(マカオ)有限公司の李波董事長によると、wucl大学生eスポーツリーグ・チャレンジ決勝戦は、マカオと横琴で1試合の形式で行われ、内地の高校生とマカオの学生が一緒に試合に参加できる新しいモデルを開拓し、新たな両地の青少年交流プラットフォームを提供した。両地の青年大学生のより良い相互理解を促進し、マカオと内地のeスポーツ大会とeスポーツ産業の協力発展を推進する。

祝傑総裁は、この試合をきっかけに、横琴とマカオの両地でeスポーツと垂直業界が深く融合した新産業形態、新モデルを構築し、珠澳文化体育産業の協同発展をさらに助力したいと表明した。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です