2021年12月2日

中国石化触媒有限公司は経営陣の任期制と契約化の全員カバーを実現する

6月1日、「科改モデル企業」中国石油化工触媒有限公司(以下「触媒会社」)の管理者の任期制契约化と契約式を開いて、今回の契約を実現した役員の全面に覆われ、シンボル触媒会社経営が健全な市場化体制にカギに足を踏み出した会社を開いた「三能」体制に建設中の新しい局面を迎えている。

昨年末に会社の経理層メンバーと契約したのに続き、今回は中間層100人、末端管理職340人余りとそれぞれジョブ・ジョブ・プロトコルと実績評価責任書を締結した。今回の任期制と契約化は三段階契約方式を采用し、「優劣を区別し、賞勝を罰し、責任を激励し、発展を促進する」という原則をしっかりと縛り、管理職の役割範囲、成果目標、評価方式、報酬の実現、退出メカニズムなどを契約化しました。

触媒会社の会長は、党書記陈遵江指摘したように、今回の任期制契约化と契約した各種の創出と人員を「全覆われ」は、約440人の役員は「指標が皆の头に、誰も責任」を持ったまま、契約管理を通じて、雇用のことを明確にした权责限界を出した実績の尺度糸、切実にできる「か落ち着いて合意と考える」。同時に、段階ごとに契約をすることで、指標を分解し、ストレスを伝え、実績を検証し、「1つの仕事は1つの仕事を1つの仕事にする」という明確な志向性を実現しました。

陈遵江、「科改モデル行動」の実施1年以来、会社が「スタートが决戦、スタートがスパート」の覚悟で、深く総合的な改革を推進し、体制の最適化し、体制革新、活力などの初歩の効果を引き出し、当面の会社の改革はすでに「深水区」に入り、残りのほとんどは、難をかじるの「由緒」。任期制と契約化管理を全面的に推進することを新たな出発点とし、改革の全面的深化という主旋律をしっかりと把握し、思想を解放し、歩みを加速し、仕事を着実に実行し、各種の改革任務を断固として完成し、国有企業改革の「触媒モデル」を全力で作り上げてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です