2021年10月25日

評論:経営ローンを建物市に違反し、銀行は本気になる!

新華熱評:経営ローンがビル市に違反して入ることを囲い込んで、銀行は本気になるべきだ!

北京6月2日放送題:経営ローン違反でビル市に入り、銀行が本気になる!

李延霞

手段は多様、柄は一新!数ヶ月の特別検査を経て、銀保監督会は1日、経営ローンが違反して住宅市場に流入した状況を調査するよう通報した。

ローン違反の住宅市場への参入は、これまで厳しく監視されてきた。高圧にもかかわらず混乱している背景には、複数の主体が協力して推進しているが、信用供与者としての銀行機関の責任は免れない。

資金を取りこんで全金を家を買った后、融資を申請して家を買った資金を返済します;ローン資金を複数の銀行口座に転換して現金化し、家を買う目的を隠している。取引の背景をつくり、ローンの用途をつくり……監督当局の厳重な取り締まりの結果、複雑な操作手法が明るみに出ており、一部の銀行の融資管理の穴も露呈している。

融資前の調査、融資時の審査、融資後の検査という「三査」制度は、銀行の信用資金の安全を保障する重要な制度だが、現実には、一部の銀行では規制があり、規制があり、融資管理の「壁」が頻繁に「崩れている」。ある銀行の関係者は、融資前に企業の資格を審査し、融資中に直ちに経営状況を追跡し、融資后に資金の流れを監視している。融資管理のプロセスが面倒で時間がかかるので、見て見ぬふりをしたほうが、顧客の機嫌を悪くすることもなく、業績評価もでき、利子収入も得られると打ち明けた。

一挙両得の「計算」のように、最終的には信用リスクの蓄積、国家マクロコントロール政策の「失敗」をもたらす可能性があり、このような「計算」ができない!

金融は国民経済の血である。今日の融資構造は明日の経済構造を意味する。貸し出し資金の不法流入という慢性的な問題を解決するためには、各方面の努力が必要であり、特に銀行の「本気」が必要だ。ローンをきちんとチェックするのか、形式を踏んでしまうのか、目をつぶって「放っておく」のか、怪しげなものを放っておくのか、銀行は自分の中で一番多いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です