2021年10月23日

新たな措置を加えて税収普仏陣地を企業のホームページに設置します

揚州6月3日放送「自建モデルハウス、不働産税を納めますか?」財産権のない駐車スペースを販売し、どのような税目で収入税を納めるのか」江蘇新エネルギー置業集団のホームページには、このほど多くのネットユーザーが「野々巡り」している。実は、このサイトには「税宣園」というコラムが新たに掲載されており、そこに入ると不動産業界と関連した税金政策の読み方や課税事項の注意書きが見られる。

国家税務総局揚州市税務署は党史学習・教育の「大衆のために実事を行う」という要求に基づき、企業のホームページに新たな租税普法陣地を開設し、標的となる租税普法法の導入、租税運営ガイドラインのガイダンス、リスク予防警報などのサービスを提供し、納税者の心にやさしい「春風」を吹き込む。

新エネルギー購入財務担当者の丁敬瑶氏は、「グループの傘下に1社と15子会社があり、財務人員42名がいて、税務訓練の需要は大きく、非常に緊急で、税務部門は私達のウェブサイトの中で宣伝コラムを開拓して、不動産業界の税務関連の共通性問題を解くだけでなく、財務担当者が分散している中で集中的に教育する効果があり、時間と労力を大幅に節約できました」

企業と共同でこの租税普仏の新しい陣地を建設するために、揚州市税務署は積極的に専門的な支援を提供し、政策法規の権威性、問題解決の精度性、疎通交流の利便性などの面で保障を強化する。異なる業界に異なる政策が適用され、異なる企業に異なる実際があることを考慮して、揚州市税務署は「ビッグデータ」手段を組み合わせて納税者の需要を詳細に分析し、業種別、分類別に複数の「専用の贈り物袋」を整理し、企業の属地管理税務部門に宣伝欄の建設マッチングに使用する。

「最近、営業口銭をどうやって税引き前に差し引くのかという疑問があったんですが、税務署に相談することもなく、『家の前』で答えが出たんです」新エネルギーの子会社である乾正(クァンジョン)不動産開発財務部の裴春霞(ペ・チュンハ)氏は、ホームページの「税宣サイト」コラムを通じて、「控除限度は、手数料サービス契約で所得を確認した金額の5%でなければならない」という基準を確認した。

これまでに揚州では多くの企業が税務部門と協働して租税普化法を展開する意向を達成しており、カン江区だけでも30社近くの企業が税法広報枠組み協定を締結している。(ユン・シフィ、蔡潔韻)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です