2021年10月23日

vivo欧州のローカライズ運営、もう一歩

vivoは6月1日、「今をもっと感動させる臨時ユーロ」シリーズの始動を正式に発表した。vivoは欧州サッカー連盟(uefa)と深いパートナーシップを展開しており、ユーロ2020の公式パートナーとして、開会式と閉会式に登場する。

現地時間6月11日午后9時、流行病のため開催が延期されていたユーロ2020がイタリア・ローマのオリンピックスタジアムで開幕し、vivoがユーロ2020の開閉式のタイトルパートナーになった。

感染の原因のため、今回ユーロが依然として多くのファンに現場に到着でき、世界のサッカーファンとユーロ美しい瞬間の距離を縮めるために、vivo携帯電話2020ユーロの公式として、vivo盛招き世界中のファンが参加「vivo非凡瞬間」と歓呼公募を通じて、自分の歓呼を掲載し、応援と拍手の動画や写真、億万人のファンの情熱をユーロに。

vivoのシニアバイスプレジデントで最高マーケティング責任者(cmo)の倪旭東氏によると、「人文之悦」というブランドの主張のもと、vivoは消費者を志向し、ユーザーと深い感情的なつながりを築くことを期待している。vivoは欧州サッカー連盟(uefa)と提携することを光栄に思っている。欧州選手権2大会連続の提携を通じて、欧州市場の消費者と深く交流する。

大会の開幕に合わせて、vivoはヨーロッパ市場でx60プロの映像フラッグシップを発表した。欧州サッカー連盟(uefa)のマーケティング・ディレクターであるguy-laurent epstein氏は、「サッカーは世界中の何千人ものファンに幸せを届けている。我々はvivoと戦略的提携を結び、世界中のファンとユーロ2020の距離を近づけることができることを喜んでいる。我々は双方が力を合わせて、ファンのためにもっと素晴らしい瞬間を作り出し、より多くの思い出を作ることができると信じている」と述べた。

vivoは2020年10月に欧州6カ国への参入を発表し、今年2月にはルーマニアとチェコ市場に参入し、年内に12カ国以上の欧州市場をカバーする計画だ。

vivoはヨーロッパのユーザーにサービスを提供するため、ドイツのデュッセルドルフにあるヨーロッパ本社に16カ国からなるグローバルチームを立ち上げた。vivo副社長で欧州市場社長の鄧力氏は、欧州チームの多様な背景はvivoのグローバル化戦略と密接に関連しており、vivoは現地の考え方、現地の文化、現地の管理を消費者にサービスし、現地市場によりよく溶け込むことを望んでいると述べた。vivoは、ヨーロッパの現地パートナーや現地の消費者のニーズを尊重することで、現地化経営に注力しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です