2021年10月25日

北京は炭素ピーク評価研究を展開し、カーボンニュートラル行動要綱を策定している

北京市6月5日(徐婧陳杭氏)、北京市は国の関連規定に基づいて炭素ピーク評価を実施し、同市のカーボンニュートラル行動要綱の作成を検討していることが分かった。

6月5日は世界環境デーだ。これは同日、「炭素達峰炭素中和北京行動ハイエンドフォーラム」で明らかになった。

北京、カーボンニュートラル行動要綱を策定

北京市生態環境局の劉賢姝副局長は次のように紹介した。2020年9月に中国が炭素ピークピーク2030とカーボンニュートラル2060の約束を発表して以来、北京市は国の統一計画に基づいて、国の関連規定に基づいてカーボンニュートラル評価を実施し、本市のカーボンニュートラル行動要綱の作成を検討している。

フォーラムでは、中国科学院院士で清華大学車両・運搬学院の欧陽明高教授が、カーボンニュートラルに向けた新エネルギー革命をめぐり、グリーン水素エネルギーなど重点的に推進できる新エネルギー技術や新エネルギー車の発展など、今後の努力の方向を紹介し、北京の新エネルギー産業の発展について提言と展望を示した。

北京市の炭素排出削減の主要分野は交通、電力、建築だ。新エネルギー自動車と充電インフラの開発は、この3つの要素を統合する効果をもたらすでしょう。

中国工学士、清華大学環境学部教授贺克斌减污降炭素協同保存の角度から、炭素は峰を分析し、炭素中和の「双炭素」の目標の下、低炭素エネルギーの変形、長期持続空気の質の改善に決定的な役割をし、低炭素の変形をめぐる重点業種とカギ分野では北京の美しい建設新経路を提示した。

彼は次のように表明した。重点排出部門の低炭素モデル転換を加速すべきだ。使用効率を高め,使用構造を最適化する。

専門家たちは、都市減量発展、質の高い発展は、北京のような大都市が炭素ピークを達成し、炭素削減を実現するための有利な条件であり、カーボンニュートラルに進むための堅固な基礎でもあると一致している。

市と連携してグリーンライフを提唱

フォーラムでは、北京市の生態環境局連合市広報、市発展改革委、市教委、团市委、婦女連合6省庁が合同で制定す「北京市の「者」は中国の美しい、私は引き上げ公民生態文明意識行動計画(2021 ~ 2025年)の実施案」(以下「実施方策」)公式発表した。

実施案は北京市の環境ガバナンスの全国民行動システムの構築を推進し、人々の関心、支持、生態環境保護への参加を形成することを目的としている。

施行案によると、から深化理論の広報に励み、ニュースを持続的に推進、広く社会を動員し、生態文明の教育の強化、社会各界の参加、革新を推进広報方法などの6つの側に集中配置したが、19件を配置した具体的な任務が、余りの省庁が参加し、市街地の連動、それぞれプラットフォームと資源の優位を発揮して、社会各界と公衆が体を動かし、シンプルで適度な、グリーンで低炭素なライフスタイルを選択し、美しい北京建設に参加することを提唱する。

首都圏企業、低炭素化を推進

首都圏企業の自主自主的な削減意識を高め、企業の低炭素発展とカーボンニュートラル戦略を策定するため、首都圏企業5社がフォーラムで低炭素発展の提案を行った。

首都圏の企業が共同で低炭素化を推進するのは今回が初めてだという。その中で、聯想集団は主導的なイニシアチブとして、グループの低炭素発展計画、コミットメントと進捗を紹介し、国家電網北京電力公司、北京排水集団、北京ベンツ汽車有限公司、xinjiang goldwind science & technology co ., ltdと共同で「首都圏企業低炭素発展イニシアチブ」を開始した。国家と北京市の炭素達峰カーボンニュートラル戦略と措置に積極的に対応し、低炭素モデル転換を率先して展開し、業界の低炭素行動のパイオニアになることを約束する。

同時に、5つの企業はまた実用的な行動綱領を提出して、炭素排出量の制御目標を科学的に設定して、戦略と措置、定量的な段階的な目標を含み、実施を組織します。策定した計画を公表し、定期的に排出情報、削減の進捗と効果を発表する。サプライチェーンの上流・下流企業を動員して積極的に行動させるなど。現場で5社が低炭素発展の承認書に署名。

活動の最后に、環境保護社会組織の代表、地域住民の代表、大学生の代表が順に「汚染を減らし炭素を下げ、美しい北京を共に建設する」という提案を発起し、社会全体が生態文明建設に参加し、美しい北京を共に応援するよう呼びかけた。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です