2021年10月25日

生態環境部、炭素削減の硬直性を強化

西寧6月5日:中国生態環境部の黄潤秋部長は5日西寧で開催された第六五環境日国家ホームイベントで、我々は炭素を削減するシナジー効果を総合的な手として、炭素達のピーク行働案を策定し、炭素を削減する剛性の措置をさらに強化することを推進することを提案した。

中国は2030年までに炭素ピークを達成し、2060年までにカーボンニュートラルを実現することを目指している。

黄润秋と、新情勢の新しい任務の要求を控えて、われわれは、社会各界の力を合わせると、完全、正確に、全面的に新発展理念貫徹定力戦略を維持し、全面グリーン経済社会発展変形を率いる、推進に拍車を資源節約と環境保護の産業構造の形成、生産方式、生き方、空間の構図を汚染管理、生態系保護、気候変動への対応を統一し、生態環境の持続的な改善を促進し、人間と自然の調和と共生の現代化の建設に努力する。

黄教授は、グリーン発展はその意味で、良い人と自然との共生問題を解決することだと強調した。形成グリーン成長を推進方式が徹底的に変え、過去、犠牲の生態環境の見返りで一時的に経済発展のことを変えて「大量生产、大量消、大量排出」のモデルの生産と消費パターンを、ひたすら自然を利用し、自然を征服し、改造から自然に自然の尊重、自然に順応、自然保護変わった。

黄潤秋氏は次のように指摘した。我々は減汚炭素の相乗効果を実現することを総合的な手とし、炭素達ピーク行働案の制定と実施を推進し、炭素を減らす剛性の措置をさらに強化する。「3線1本」などの手段を総合的に運用し、高エネルギー消費、高排出プロジェクトの建設を厳格に制御し、高炭素高排出の古い運動エネルギーを抑制する。グリーン・ファイナンスを発展させ、グリーン・低炭素技術と産業を育成し、グリーン・低炭素の新しい運動エネルギーを励起する。

このほど、関連要求に基づき、各省級生態生態環境主管部門は全国炭素排出権登録登録システムを通じて、割当割当をほぼ完了したという。生態環境部は関連機関を組織してオンライン取引の模擬テストと実際の資金テストを完了し、オンライン取引前の各種準備作業を組織しており、今年6月末までに全国の炭素市場のオンライン取引を開始する予定だ。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です