2021年10月25日

曽岩氏は、能鎖ニューリンクにパートナー、cfoとして加わった

6月7日、lexengroupの元cfo曽岩は、能鎖ニューリンクに正式に加盟し、能鎖ニューリンクのパートナー、cfoに就任した。財務管理と資本運用などの仕事を全面的に担当し、会社の中長期的な戦略発展をサポートする。

曽岩は1999年にニューヨーク大学でmbaを取得し、財務管理と資本市場運営の分野で20年以上の専門経験があり、国内外の複数の上場企業でエグゼクティブを務め、複数の企業の融資、上場を積極的に推進する役割を果たし、際立った貢献をしてきた。

能鎖ニューリンクに入社する前は、lexingroupのcfoを務めていました。それ以前には、易宝支付cfo、米株式上場企業文思信息及び香港株式上場企業合興集団執行副総裁、ms大中華区財務責任者、啓明星辰cfo、cooなどを務めていた。

ニューリンクの創業者である戴震ceoは、「曽岩は国際的な視野と豊富な経営経験を兼ね備えた優秀な人材だ。彼の参加は、会社の財務管理と資本運用の能力を向上させるのを助け、スマートエネルギーネットワークを継続的に改善し、エネルギー産業のデジタルアップグレードを支援し、炭素ゼロの夢を実現する企業ビジョンのために強力な資本支援を提供すると信じている。」

曽岩氏は「中国のエネルギー変革とデジタル化アップグレードは無限の潜在力を持っている。能鎖newlinkはこのサーキットのイノベーターであり、ペースメーカーであり、産業チェーンの上流・下流をカバーする完璧な制品レイアウトを構筑し、独自の競争力を持っている。エネルギーチェーンnewlinkチームに参加し、カーボンニュートラルを支援し、炭素ゼロの夢を実現する偉大な事業に参加することを光栄に思います。」

エネルギーチェーンnewlinkはエネルギーiot iot及びエネルギー新小売プラットフォームで、傘下のグループ石油は2万5000基の石油ステーションを接続し、中核都市5キロのカバー範囲は50%に達し、2022年末には95%に達すると予想される。傘下の快電は中国の公共充電杭の90%、70万本をカバーしている。能鎖云、能鎖直供、能鎖物流、総合エネルギー港などの制品に頼って、能鎖newlinkはエネルギー業界に「人、荷、場」全産業チェーンソリューションを提供する。

現在、newlink事業は全国1800都市をカバーし、年間取引額は千億円を超えている。株主にはベインキャピタル、中金キャピタル、愉悦資本、小米集団、国家中小企業発展子基金、洪泰基金傘下の国調洪泰などが含まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です