2021年10月25日

秦淮データグループは首都の大規模データセンターを前倒しで閉鎖した

6月7日、秦淮河データグループは、中国の首都圏投資、首都圏の建設•懐来本部基地算力園区第一期プロジェクト構造工事が全て完了し、前倒しで天井を実現した。

首都圏は、•懐来本部基地計算力園区第一期プロジェクトは、leedプラチナ級認証基準で設計、建設され、設計it容量は57 mwに達し、2022年第一四半期に運転に入る。これまで、首都圏は•懐来本部基地計算力パーク第二期と第三期は既に交付が実現しており、第一期の生産開始後、超メガワット計算力が形成され、秦淮データグループの首都圏立地の優位性がさらに拡大される。

2021年第1四半期末までに、秦淮データ集団は中国の首都圏で10以上の超大型データセンターパークを納入し、総it容量は280 mwに達した。首都圏•懐来本部基地計算力園区第一期プロジェクトの生産が開始されれば、秦淮データグループの首都圏立地の優位性をさらに強固にし、京津冀地区のデータセンター・クラスターと計算力ハブ・ノードの建設を推進する。

q1決算報告によると、2021年第1四半期末の時点で、秦淮データ集団の総運営it容量は337 mwに達し、154 mwを建設中である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です