2021年10月25日

阿里傘下のipmartは、「中小企業にipを活用してもらう」

文化と自然遺産の日を迎え、阿里巴巴が共同で非遺紋ipプロジェクトを多国間で立ち上げ、非遺伝承承保護に注目している。

阿里の版権プラットフォーム「天猫ipmart」では、非遺紋のip取引が盛んに行われており、非遺紋をトレンドファッションにデザインし、若者に「非遺を身に着けてもらう」ようにしている。優秀な商品は非遺日当日(6月12日)に李佳琦直送室に入る。それと同時に、618期間中のすべての非遺産の模様のip商品は取引の后、比例して公益机関に寄付され、より多くの非遺産の技術の発展を助けます。

ipmartは、プラットフォームがビジネスイノベーションイノベーションを起こすための有益な試みです。ipmartにはいくつかの機能がある。まず、良質なipデザイナーのために著作権取引プラットフォームを提供する。第二に、事業体に可能性ipを迅速に選別し、一致するipを一致させるチャネルを提供する。また、アリの連鎖技術によって著作権使用の「ペイ・パー・ペー」を実現することで、著作権のハードルを大幅に下げ、中小企業が使えるipにすることができます。

非遺は生活の中で新生する必要がある

今回の非遺模様ipの提供者、中国紋様事業者の清穂氏は非遺模様の保護に力を入れており、「紋蔵清濁二気紋」を指差した。「このような紋は国家級非遺侗族が刺繍したストバンドによく見られ、新生児を背負うのに使われる」という。

彼の見たところでは、「紋様は字のない史書であり、群体的な感情の記憶を継承した」が、現在の中国は社会の大転換期にあり、多くの非遺と紋様は消滅しつつあり、「紋様も新生を必要とする」。

現在、我が国の国家級非遺録の代表的な項目は計1570件、ユネスコの無形文化遺産リスト(名簿)に登録された項目は計42件で世界第1位となっている。しかし、国家レベルの非遺伝相続人の平均年齢は63.29歳で、相続を希望する若者が減っている。

「非遺は消滅するかもしれない。生活に応用して再生できる。私たちは時間と戦っている」と清穂さんは言う。

「天才ママ」張潮瑛は海南省の伝統黎錦紡染織刺芸伝承人で、黎族の紋様をトーテムと見ている。淘宝網の「老ファン」を自称する彼女は、民族模様がより多くの若い消費者に着用されることに興奮していた。「リー族のトーテム模様は実にきれいですが、知っている人が少ないので、服にデザインされていて、みんなの善意を感じました。」

618期間中、非遺作霊感文様ip商品は販売后に比例して阿里公益及び婦人基会連合公益プロジェクト「天才ママ」に寄付され、創造力のある非遺作リーダーの育成を支援し、低所得の手芸女性の生活状況を改善し、家族と社会的地位を向上させる。

「卸」が「小売り」に変わり、アリチェーンがipライセンスのハードルを下げる

非遺紋ipは、ipmartの革新実験の一部だ。

データによると、2020年の全国ライセンス商品の販売額は1106億元に達し、初めて1000億元を突破した。しかし、従来型のipライセンスモデルの大きなジレンマは、ヘッドエンドipは、提携前に一度に高い保証付きライセンス料を受け取ることが一般的で、境界を越えた提携は、多くの場合、ビッグブランド、ビッグip間のゲームとなる。同時に、著作権の商業化のチェーンは長く、著作権の収益は複雑な清算要因に分けて、更に文化産業チェーンの上流と下流の効率的な協力を制限します。

「蟻鎖技術を通じて、ipライセンス市場は、従来の『卸売り』から『』。」蟻グループは知能科技林逸飞事業群副総裁と、蟻鎖フルコース内容の著作権保護、協力取引、商品販売などの一環として情報を同時に智能契約技術を利用し、知能「件別有料」の実現が売れ多少件は多少著作権料を払っipの敷居を大幅に引き下げ、中小商店が使用、コストの不確実性の回収を下げた。

618期間は李佳琦で番组キム・チャンフン)の「あや蔵身二くもり」提花ソックスの場合、贩売単価は52元、蟻鎖が1件当たりの商品の販売を記録したかつ歪曲、商店が一足ごとに売れ、プラットフォームにすれば5%のipライセンス料(すなわち2.6元)自動決済に著作権者。

「アリのプラットフォームを通じて、我々だけが公式に保証をしたことは低コスト良質のipを使った革新の間違った低コストでみた。」アパレルブランドのプリマートのオーナーは、上位商品の生産コストが下がると、端末価格も下がると考えています。

技術力、ビジネスイノベーションで社会的価値を実現する

サービス開始から2カ月後、ipmartは150以上の異なるタイプのip版権業者に進出し、そのうち7社が中国本土のipとなった。例えば、文創芸術系の「国宝」「中国国家博物館」「敦煌美術研究所」、人気アニメ二次元系の「伍六七」「b.duck小黄鴨」などだ。ipmartは6月末までに300社以上のip著作権者を引き続き導入する予定だ。

ipmartには、既存の有名なビッグipと提携することに加えて、もう一つ重要な課題があります。アリアリの豊富な店舗量に基づいて、ipmartは本土のオリジナルデザイナー、イラストレーター、国漫ipにクリエイティブな実験場を提供し、大小の店舗と十分に連携するプラットフォームを提供し、新鋭デザイナーの力量を絶えず発見し、その成長を促進することができる。

tモール服飾運営センターの蘇叶責任者は次のように説明した。ipmartは最終的に技術の力、商業の手段を駆使して文化の革新と保護を推進し、中小商店の敷居を真に下げ、貴重な伝統文化と市場を健全に結合させ、商業的価値を実現すると同時に社会的価値をよりよく実現することを望んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です