2021年6月14日

jdスマートシティ連邦デジタルゲートウェイが中国特許賞を受賞

このほど、第22回中国特許賞の受賞結果が発表され、京東科技は「データ共有方法、装置、デジタルゲートウェイ及びコンピュータ可読記憶媒体」という特許で中国特許賞を受賞した。また、京東スマートシティが自主開発した連邦デジタルゲートウェイシステムは、すでに飛騰、龍芯、兆芯、申威、海光、鯤鵬など6大主流国産チップ版osの互換性認証を取得しており、スマートシティ安全データ共有分野で全面的な信頼性適合認証を取得した製品となっている。

jdテクノロジーの「スマートシティos」には、時空データエンジン、モジュール化された時空aiアルゴリズム、連邦学習に基づくデジタルゲートウェイ技術、モネ可視化プラットフォームなどの多くのテクノロジーが含まれており、都市で大量のデータを効率的かつ安全に「対話」させ、aiアルゴリズムをモジュール化して出力することができるという。

その中で、連邦デジタルゲートウェイは、データの離島、データアクセスの難しさなどの問題点に対して、連邦学習などの技術に基づいて、データ共有の深さ、広さ、インテリジェンスの3次元のアップグレードを実現し、政府、企業データの価値マイニングを実現し、データの有効性を解放します。

現在、jdスマートシティの連邦デジタルゲートウェイ製品は、都市画像、スマートな敷地選定、都市クレジットなどの分野で一連の着地アプリケーションがあります。例えば、中国联通の全国の営業所の立地プロジェクトでは、連邦デジタルゲートウェイを介してjdと联通の両方のデータを利用することができ、双方のデータが外に出ない前提の下で、クロスドメインのモデルを行い、指標類のデータを輸出して、联通営業所の店舗の計画、建設および管理に使用する。現在、このプロジェクトは河南省の16地級市、貴州省の9地級市、山西省太原などで実現している。

また、jdスマートシティはすでに世界のジャーナルや会議で50編以上の論文を発表し、100件以上の発明特許を出願し、多数の学術イベントを主催・運営している。jdスマートシティは、連邦学習の国際標準(ieee p 3652.1)を策定する中核ユニットとして参加している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です