2021年6月14日

どこに行って一周間5000余斤の小米を送って農村を振興させますか

旅行の際に土産やお土産として地元の特産品を購入するのが、多くの消費者の習慣となっている。今、消費者はどこに行ってプラットフォームで山西の入出港航空券の権益のパッケージを購入して、どこに行って贈る助農産品を手に入れることができます——パッケージは家の2斤の山西省の大寧小米を郵送します。

小米のコストはどこまで負担して、航空券の権利パッケージを購入する消費者に無料で送られ、収入は地元の農民に帰属するという。現在、どこに行ってすでに観光を通じて農業を助ける方式で、山西省大寧小米5000余斤を贈ります。

呂梁山の西麓に位置する大寧県はかつて国家貧困扶助事業重点県であり、地理的・気候的条件が独特で、有機栽培農業の発展に理想的な場所である。近年、大寧県はクルミ、サツマイモ、アワなどの特産品で有機農業生産技術を成功的に普及させ、国家級輸出果物品質安全モデル区を形成し、スイカ、赤い皮のアワは国家地理表示認証を受けた。

6月3日、大寧県は農業支援協力協定に調印し、観光支援の新しいモデルを開拓した。大寧県委常務委員、常務副県長の許華偉氏、どこまで党委副書記の李立新氏、どこまで総監督の郭斌氏、ショッピングセンター責任者の任天氏が調印式に出席した。

今回山西省大寧県と提携して、山西省の入出港航空券の権益パッケージを購入した消費者に助農産品を贈呈し、大寧紅ブランドシリーズの農産物をより多くの消費者の視野に入り、地元の発展を助力する。

国内有数のオンライン旅行プラットフォームである去どこは16年間、旅行の大衆化を推進し、社会的責任も積極的に引き受けてきた。農村の振興の面で、どこに行ってユニークな観光農家の道を作ります。どこに行って消費者が航空券やサービスを購入して、農産物を贈る方式で、新疆和田、福建武夷山の特色ある農産物を広めています。

将来的には、旅行先の中西部州との提携を強化し、目的地の特産品のプロモーションに力を入れて、社会と消費者のために観光と農業を有機的に結合し、より大きな価値を作成します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です