2021年6月14日

漢方薬漢方薬基地の良い医師グループを共同建設して村の振興に助力する

このほど、四川省涼山州医療保障局、好医師集団共建博中村郷村振興栽培漢方薬産業基地起働式が喜徳県李子郷博中村漢方薬産業基地で行われた。これは博中村漢方薬産業基地が正式に設立されたことを示して、漢方薬の発展のペースを絶えず推進して、村の振興を助力します。

喜徳県李子郷博中村は涼山州医療保障局の援助村で、2016年12月に貧困脱出を実現した。貫徹のための定着国家強固に贫困をめぐる攻防をひろげるの成果と田舎の振興有効形態の戦略配置、23の医療保障局といい医者グループは博中村バートナーシップ田舎の漢方薬産業振興基地、計栽培木香川続折れ各漢方薬100ヘクタール、23医療保障局の土地、人工と管理費を投入して、グッドドクターグループは種子、膜、栽培技術を無料で提供し、製品を回収している。その中で、木香は2年間収穫することができ、1ムー当たりの収入は約8000元と予想され、1ムー当たりの収入は約5000元と予想され、村の集団経済と農民の増収のために重要な役割を果たすことができます。

博中村村村民の海来車坡さんによると、漢方薬産業団地が建設されない前は、山の土地は荒れ地だったが、今は土地の譲渡賃貸料がもらえるだけでなく、基地で働くことで1日100元稼ぐことができ、漢方薬を売ることで収入が得られ、配当ももらえる。昔は家族を離れて出稼ぎに出ていたのが、家の前でお金がもらえるようになり、日がどんどんよくなって、大らかに喜んでいました。

「私たちはすでに5日目、120人の村人がここで漢方薬を栽培し、平均20人以上が毎日栽培しています。」喜徳県李子郷博中村駐村の馬菊第一書記は、貧困からの脱却がゴールではなく、村の振興がスタートだと述べた。漢方薬産業基地は村民に近くで働ける机会を提供し、収入を増やすことが村民の利益となっている。

漢方薬産業基地の起働は博中村村の振興が新たな歩みを踏み出し、新たな征途を切り開いたことを示している。良い医師グループは、取締役会の指導の下で涼山に根を下ろし、薬の開発のステップを推進し続けて、産業の貧困救済の成果を強固にし、農村の振興を支援して、継続的に豊かになる涼山興村に新たな貢献をしています。

博中村の自然条件の状況によると、良い医師グループは栽培しやすく、現地栽培に適し、収益性の高い漢方薬産業を特色ある産業として選んで発展させ、博中村と締結した協定に基づいて、協議価格に応じて新鮮な商品を購入し、栽培后に1ムー当たり5000元から10000元の収入があります。漢方薬産業では、庶民が漢方薬を栽培すれば豊かになり、良い医師グループも工場の原材料として使うことができ、ウィンウィンになる。

村が振興するには,産業が支えである。博中村漢方薬産業基地は涼山州村の振興の重要なプロジェクトとして、涼山州地域漢方薬産業のクラスタ化、規模化の発展を促進する。

これに対し、涼山州医療保障局の熊帷茗局長は「産業の活性化は口先だけのことではなく、行働につなげなければならない。会社+基地+協同組合のモデルを通じて漢方薬産業を発展させることで、栽培農家は買収の問題を心配しなくてもよい。次のステップでは、博中村産業への投資を拡大し、産業発展の管理を強化し、特に栽培、養殖、深加工の面でいくつかの探索を実施します。博中村の人々の生活はますますよくなると信じています。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です