2021年6月14日

100台のクレーンが海外に出てきて、カスタマイズ新商品を売り出す

6月7日、「2021 xcmgハイエンドクレーン新製品及び販売記念版機種の全世界大量輸送キャンペーン」及び「xcmg重大顧客同盟クラブ創立式」が徐州で開催された。

今回xcmgは10モデルの新商品と記念版クレーン製品を発売し、100台以上のクレーンを海外に輸出し、欧州、アメリカ、東南アジア、中東などの地域に出荷すると発表した。

データによると、1-4月の中国クレーン業界全体の販売量は前年同期比で57.6%増加した。xcmgは業界全体の20ポイントを上回る伸び率を示しています。中でも、ホイールクレーン72%増、キャタピラークレーン90%増、タワークレーン86%増となっており、特に中・大トン数以上のハイエンドクレーンの発展傾向はさらに強い。

2020年までに世界に向けて84機種を発表し、東南アジア、中東アフリカ、南アメリカ、北アメリカ、欧州などをカバーしているという。今年1月から5月にかけて、xcmgはホイールクレーン30モデル、キャタピラー10モデル、タワークレーン8モデルを発表した。

xcmg側は、その誕生日からイノベーションがxcmgの中核遺伝子だったと説明している。新中国初のトラッククレーン、タワークレーンの開発から、先月「世界初のクレーン」xca1600の50台目の引き渡しまで……xcmgは常にテクノロジーでイノベーションを起こし、お客様により効率的で安全なスイート化ソリューションを提供しています。

xcmgは、スマート施工応用、新エネルギー、油圧伝動、動力伝動、スマート制御、構造最適化技術の6つの専門的な方向だけでなく、5 g、新エネルギーなどの新興分野でも力を発揮し続けている。

「『技術革新と顧客ニーズ』の2軸駆動を融合させ、製品ライフサイクル全体にフォーカスし続け、ユーザーの皆様に『買って安心、使って安心』という価値あるサービスを体験していただく」徐工机械副総裁、起重机械事業部総経理の孫建忠氏は次のように述べた。

イベント会場で、xcmgは主要顧客同盟クラブの設立を発表し、業界初の「吊り下げ産業チェーンの健全な持続可能性に関する報告書」を発表した。公式によると、これは長年にわたる「つり上げの安全を守る」行動に対するxcmgの実践であり、中国のつり上げと下流の産業チェーンの意見を結びつける重要な声でもある。

「xcmgは中国クレーンが作った旗を担い、xcmgの発展旗を担い、先頭に立つことが重要です。xcmgは真に世界の顧客から尊敬され、魅力的で競争力のある、世界の先進レベルの偉大な企業になる。」将来を見据えて、xcmg有限、xcmg機械董事長、党委書記の王民氏は会議で次のように述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です