2021年6月14日

クリーン・低炭素に向けて—中国のエネルギー発展の成果の総合

奮闘百年の道・新征途・神州巡礼|クリーン・低炭素に向けて——中国のエネルギー発展の成果を総括

北京6月10日放送「クリーン低炭素に向けて——わが国のエネルギー発展の成果を総合する」

劉羊暘

再生可能エネルギーの開発・利用規模は世界トップ、エネルギー消費構造はクリーン・低炭素への転換を加速…新中国の成立以来、中国のエネルギー事業は「石炭中心」から「清浄化、多元化」へと急速な発展を実現し、歴史的な成果を収めた。

わが国のエネルギー供給保障能力は絶えず増強されている

エネルギーは国民経済と社会発展の重要な基盤である。新中国の成立以来,中国は徐々に比較的完備したエネルギー工業システムを完成した。改革開放後、経済社会の急速な発展の必要に応じて、わが国はエネルギーの全面的、調和的、持続可能な発展を推進し、世界最大のエネルギー生産消費国とエネルギー利用効率の最も速い向上国となった。党の第18回党大会以来,わが国のエネルギー発展は新時代に入った。

長年の発展を経て、中国のエネルギー供給保障能力は絶えず増強され、石炭、油、ガス、電気、原子力、新エネルギー及び再生可能エネルギーの複数輪駆動のエネルギー生産システムが基本的に形成された。

昨年末に発表された「新時代の中国エネルギー発展」白書によると、2019年の中国の一次エネルギー生産総量は39億7000万トンの標準石炭となり、世界第1位のエネルギー生産国となった。再生可能エネルギーの開発・利用規模は急速に拡大し、水力発電、風力発電、太陽光発電の累積設備容量は世界トップとなっている。

「党の第18回党大会以来、わが国のエネルギー発展は著しい成果を収めており、エネルギーの供給と備蓄システムが絶えず改善され、安全保障能力が持続的に増強され、エネルギー需給は総体的にバランスを保っている。」国家エネルギー局の章建華局長は次のように述べた。

国家エネルギー局のデータによると、2020年に中国のエネルギー総合生産能力は41億トンの標準石炭に達し、原油生産量は1億9500万トン、天然ガス生産量は1925億立方メートルに達し、発電設備容量は22億キロワットに達し、石油ガス管の総走行距離は17万5000キロに達し、県級行政区はすべて大電力網に接続している。経済社会発展と民生用需要が効果的に保障される。

わが国のエネルギー生産と消費構造は絶えず最適化されている

「第13次五カ年規画」期間中、中国はすでに世界最大のクリーンな石炭電気供給システムを建設した。「第13次五カ年規画」以降、中国の非化石エネルギー消費の増加分は一次エネルギー消費の増加分の40%を占め、「第12次五カ年規画」期間の増加分の割合と比べて14ポイント上昇した。

近年、エネルギー総量が絶えず発展し、エネルギー方式で変革を加速するにつれて、中国のエネルギー生産と消費構造は絶えず最適化されている。伝統的なエネルギー利用方式は転換を加速し、クリーンで低炭素な移行のペースが徐々に加速している。石炭の加工転化のレベルが大幅に向上し、石油製品の品質がアップグレードして拡大して速度を上げ、重点分野の電気エネルギー代替が初めて効果を見た。

中国のエネルギー資源の賦賦特性の影響を受けて、新中国の成立初期に、石炭は全国のエネルギー消費量の90%以上を占めた。長年のたゆまぬ努力を経て、わが国のエネルギー生産と消費構造は絶えず最適化され、石炭がわが国のエネルギー消費総量に占める割合は全体的に減少傾向にある。

データによると、2019年に中国の石炭消費がエネルギー消費総量に占める割合は57.7%で、2012年に比べて10.8ポイント減少した。天然ガス、水力、原子力発電、風力発電などのクリーンエネルギー消費量が全体エネルギー消費量に占める割合は23.4%で、2012年に比べて8.9ポイント上昇した。エネルギーのグリーン発展は炭素排出量の減少に重要な役割を果たし、2019年の炭素排出量は2005年比で48.1%減少した。

わが国のエネルギー発展はクリーン低炭素への移行を加速させている

6月7日、国家電投江蘇如東洋上風力発電プロジェクトの海上昇圧ステーションが成功を受け、プロジェクト建設は新段階に入った。如東プロジェクトが建設・輸送された後、国家電力が江蘇海上風力発電会社の洋上風力発電所に投資すると、年間発電量は約44億キロワット時で、年間約146万トンの標石炭を節約でき、それに応じて二酸化炭素排出量を323万トン減らすことができる。

ここ数年、エネルギー業界は新エネルギー分野に進出し、クリーン・低炭素を将来の発展方向の一つとしている。国家電網は「炭素達ピーク、カーボンニューライト」行動案を発表し、クリーンエネルギーを強力に発展させ、エネルギー電力を高炭素から低炭素へ、化石エネルギー中心からクリーンエネルギー中心へと転換させることを提案した。エネルギー供給側では、多元化されたクリーンエネルギー供給システムを構築する。

中国海洋石油省がこのほど発表した持続可能な発展に関する報告書によると、グリーン・低炭素を核心的な発展戦略の一つとして確立し、従来型石油・ガスから非在来型石油・ガスへ、従来型石油・ガスから新エネルギーへと発展を乗り越えていくビジョンを打ち出している。国家電投はグリーン電気交通分野への投資を拡大する。中国の石油ガス業務は新エネルギーの業務とタイ、業務を筆頭プレート。

中国は非化石エネルギーをエネルギー発展の優先順位に置き、低炭素エネルギーを高炭素エネルギーに、再生可能エネルギーを化石エネルギーに代替することを強力に推進する。グリーン発展の指向を堅持し、化石エネルギーのクリーンで効率的な利用を強力に推進し、再生可能エネルギーを優先的に発展させ、原子力発電を安全かつ秩序ある発展させ、エネルギー供給における非化石エネルギーの比重の向上を加速させる。

国家発展改革委員会と国家エネルギー局が発表した「エネルギー生産と消費革命戦略」は、2030年までに中国の新たなエネルギー需要を主にクリーンエネルギーでまかなうことを明確にしている。

「次のステップで、より積極的な新エネルギー開発目標を制定し、新時代の再生可能エネルギーの大規模、高割合、高品質、市場化の発展を強力に推進し、再生可能エネルギー代替行動の実施を加速し、新エネルギーの消納と貯蔵能力の向上に力を入れ、新エネルギーを主体とする新型電力システムを積極的に構築する。」章建華はいう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です