2021年12月3日

天猫京東報告:愛康などの健康診断パッケージ618の新しいお気に入りになります

先日、tモール健康が6月1日全日販売金額トップ10ブランドランキングを発表した。愛康深健診パッケージは美容保健、医美看護などの快消ブランドの中で、トップp3にランクインした。同様の状況はjdプラットフォームにも現れています。6月1日に販売開始から1時間で、取引高は昨年同期の終日を上回りました。

先日、618年度の健康消費動向について、『中国新聞周刊』は微博のプラットフォームで「健康管理が必要になったとき、618は何を溜めたいのか?」という投票に約12万5000人のネットユーザーが参加した。その結果、53%近くの若い消費者が健康診断やワクチンで健康費を支払うことを望んでおり、その次が健康器具、栄養補助食品、防疫用品などだった。

ポスト・アウトブレイクの時代になって、自分の体調を事前に管理し、常にリスクに対処することを学んで、健康診断やワクチンを消費者の新しいカテゴリーで購入しようとしています。

また、第一財経の「2021健康消費洞察報告」によると、多くの世帯の年間健康消費額は500元から5,000元の範囲で、年収が12万元以下の世帯でも高額の健康製品を購入していることに注目したい。

消費の高度化や高齢化の中で、健康な身体こそがすべての幸せな生活の前提であり、基礎であるという認識が広がっています。

健康に対するニーズが「病気になってから病気を治す」という基礎的なレベルではなく、健康産業の外延が拡大・細分化されています。一方、新規がん患者数は年間約3.6%のペースで増加しており、1,000人のうち3人以上が新規がんになっているほか、一部のがん種では年齢がやや若い場合もあり、例えば乳がんでは50%が48 ~ 50歳以下で、「がん色変」を語る人が増えている。関連するがん不安や早期検診の需要も急増している。

世界保健机関国際がん研究机関(iarc)が発表した2020年の世界の最新がん負担データによると、2020年に中国で新たに発生したがん患者は457万人、死亡者は300万人で、全世界のがん死亡者数の30%を占めている。国立がんセンターが発表した2019年の全国がん統計によると、中国では1分当たり9人ががんと診断されている。

しかし、医療技術の発達により、がんは不治の病ではなく、早期発見と早期治療がカギとなっています。米国疾病管理センター(cdc)のスクリーニングガイドラインによると、結腸・直腸がん、肺がん、子宮頸部がん、乳がんは、効果的なスクリーニングによって、早期に症状がない状態で検出される。結腸・直腸がんの場合、5年の病期によって相対生存率が大きく異なり、早期発見では「九死一死」、末期発見では「九死一死」となります。

6月に入ってから、「618」に代表される消費の波が、民生の百態を映している。今年の京東健康618の数字を集計すると、健康診断、美容、植毛、口腔、ワクチン、遺伝子検査などの健康サービスの消費「c位デビュー」が目立っている。開始から15分で、健康サービス全体の契約件数が前年同期比8倍を超え、健康診断関連のサービスがヒットし、愛康国賓、諾輝健康などのブランドが上位にランクインした。

健康管理の最優先で必要な健康診断は、今回の618電子商取引ショッピングフェスティバルで侮れない。aikonグループの電子商取引部門責任者によると、6月1日0時、618が正式に販売を開始し、aikonの全ネット販売総額は4500万人を超え、全ネットは前年同期比471%増となった。tモールのプラットフォームだけを見ても、前日の30分の契約件数は昨年の終日を上回り、前の1時間の契約件数は前年の終日に比べて1400%増加し、契約件数は昨年の618全サイクル(6月1日-20日)を上回った。京東健康6月1日前10分昨年の終日売上高を上回ります;愛康健診宝アプリの6月1日の新規加入者数は前年同期比330%増となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です