2021年12月3日

物資の助けと心の助けを助けて富の徳の生命の愛の足迹を更に伸ばします

富徳生命の「小さなイルカプロジェクト」は6月に入ってから全国各地に広がり、17の支社がリレーして愛の熱気を巻き起こしている。スタッフとボランティアは子供たちの願いを実現するために努力して、笑い声の中ですばらしい子供時代の生活のために夢の翼を立てます。

イルカちゃんのぬくもりを「定番」に包んで

子どもの日、富徳生命遵義中支の愛のボランティアが正安県碧峰鎮の青定完全小学校に入り、全校生徒90人のために制服、暖かいバッグ、イルカのぬいぐるみを寄付した。また総額459万元の「小イルカ計画」の専属保険を寄付し、子供たちに祝日の祝福を与えた。

6月3日、厦門支店は福建支店と提携して漳州華安県の高安中心小学校に入学し、同校のために小イルカ計画の専属保険総額229.5万元と文体用品若干を寄付し、45名の貧困児童に温かいかばんと小イルカの赤ちゃんを寄付した。

6月4日、寧夏支社と富德生命大連支社、塩池県婦女連合、共青団塩池県会、一緒に入っている寧夏呉忠市塩池県高沙窝中心小学校、もたらした総加入金額974.1まん億ウォンの「小さなイルカ専属意外险保障保険」と191件の暖かいバッグ、同時によりタンスを学校の寮下宿生を搭載した。同日、遼寧分公司の活動も活発に行われ、丹東市振安区湯山城鎮石安小学校にイルカの暖かいバッグ74セット、イルカの服55着、文房具セット30セット、目覚まし時計などの学習用品と255万円のイルカプログラムの専用保証が贈られた。

精巧で実用的な小イルカの温かいバッグは、「小イルカ計画」公益事業の「標準」となっている。毛布から保温カップ、ランドセルから地球儀まで……「ちいさなイルカプロジェクト」は毎年、子どもたちを対象に募集し、その中から一番声の高い愛の物資を選ぶ。今年の「ぬくもりバッグ」は、一線のブランドと提携し、子どもたちに保温弁当箱や絵筆、画帳などの生活学習用品を持っていって喜ばせた。保険会社として、より多くのリスクを保障する使命を担っており、6月10日までに、「小イルカ計画」は今年累計1000万元を超える保護額の小イルカ専用保険を寄付し、子供たちの健全な成長のために護衛船を運航している。

公益授業は夢を広げる

「リトルドルフィンプロジェクト」は、子どもたちの物資需要に応え、音楽教室の開設や読書図書館の建設などを通じて、子どもたちの精神世界を拡充している。

多様な形の公益教育活動の中で、音楽教室は子どもたちに人気がある。6月4日、富徳生命生命安徽支店、江蘇支店、蘇州支店が手を携えて安徽音楽放送を合肥市長豊県戴集小学校に来て、愛の音楽教室を共に建設する活動を展開した。音楽教師はアフリカの太鼓音楽の授業を行い、子どもたちにポジティブな気持ちを伝え、音楽の魅力を感じさせました。

海南支社は青塘村の貧しい家庭の子供30人のために温かいバッグとイルカ専用の保険を送った。同時に支教所を設立し、イルカの本コーナーを寄付し、ボランティアを組織して子供たちに課外授業を受けさせ、子供たちの学習への興味を高めた。内蒙古支社はウランチャブ市興和県店子中心小学校で「小イルカ公益授業」を行い、同校の生徒95人に楽しい授業体験を提供した。

ボランティアの方々と子どもたちが積極的に交流し、お互いの心に深い印象を残しました。子供たちは小さな願いを書いて、声をそろえて小さなイルカの誓いを読みます:中国の強さを目指して、少年は更に強くなります!富徳生命生命「小イルカ計画」はまだ進行中で、さらに多くの支店が愛のリレーに参加して、苦境の子供の健康で楽しい成長を助力します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です