2021年7月24日

泰康は革新的なビジネスモデルで長寿社会に積極的に貢献しています

6月10日、銀行保険業界の第273回定例記者会見が北京で開催された。テーマは「保険業界の質の高い発展を促進する」。泰康保険グループの劉挺軍会長兼最高運営責任者は会議で、泰康が保険給付と医療養生サービスを統合し、長寿社会にサービスし、人口の高齢化に積極的に対応する実践を紹介した。

支払いの端、すなわち保険の資金調達の端で、泰康は養老三本柱の建設を着実に推進している。第一の柱である基礎年金基金の運用規模は、保険系機関の中でもトップクラスです。第二の柱となる企業年金の受託管理資産は1100億元を超え、投資管理資産は3600億元を超え、投資管理規模は市場の上位に位置している。職業年金は全ての省の選定候補を完了し、組合数と管理規模はすべて第1陣に位置している。第三の柱となる個人養老保障の面では、泰康が仮想保険と実体医療保険を結合させた保険計画——「幸福先約」が市場の歓迎と好評を受けている。

今年は長期介護保険制度の試行5周年で、泰康は長期介護保険の試行事業に積極的に参加し、自身の医療・介護保険の実践経験を積極的に発揮し、専門、科学技術、人文などの次元から国家の長期介護保険制度の建設に参加し、「泰介護」サービスブランドを作り上げた。泰康は2020年5月現在、湖北荆门、四川省成都、広東省広州、浙江省宁波など22の国家モデル都市や浙江省出身、江蘇省無錫など22の非国家モデル都市参加長期介護保険サービスの仕事を取り扱って、「泰・ケア」長期介護保険情報システム上限23城を覆って人口3000まん近く、累積待遇支給額は6億8000万元を超え、在宅介護サービス要員の教育訓練人数は延べ1万人に達し、管理定点サービス施設は1000ヵ所を超えた。

医養サービスの端で、泰康は早めに配置し、高品質の養老サービスを深耕する。泰康之家養老コミュニティは現在、22の中核都市を配置し、延べ床面積は330万平方メートルで、6万2000人の高齢者を収容でき、1700床の高齢者リハビリ用ベッドが設置されている。「泰康之家の7つの養老コミュニティは既に開業しており、すなわち北京、上海、広州、蘇州、杭州、成都、武漢で、今年中にさらに4つのコミュニティが開業する見込みです。」劉挺軍は会見で次のように紹介した。

泰康之家養老コミュニティでは、住民は消費者であるだけでなく、価値創造者でもあります。「銭理群先生は泰康の家で山に向かって、執筆に没頭している。今年は1日2000 ~ 3000字を書き、今は500万字を超える本を書いている」と話した。劉挺軍はこう紹介している。泰康の住民は引き続き知恵に貢献し、養老コミュニティで長寿経済の新たな活力を示している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です