2021年12月2日

第4回石油精神フォーラムが北京で開催された

6月11日、第4回石油精神フォーラムが北京で開催された。今回のフォーラムは中国石油が主催し、中央党学校(国家行政学院)科研部と中国石油国家高級シンクタンクが主催した。

この5年間、中国の石油改革の持続的深化は質の高い発展を推進し、国内の原油生産量は1億トン以上の安定的な増加を維持し、天然ガス生産量は初めて1億トンを突破し、海外の石油・ガス権益生産量は1億トン以上の全体的な安定を維持し、「3億トン」は中国の石油・ガス供給の「バラストストーン」となった。大慶、長慶、タリム、西南などの石油・ガス田はいくつかの探査・開発新記録を樹立し、国内に足を置いて国家エネルギー安全保障の基盤がより強固になった。

特に昨年以来、石油精神の導きの下で、中国の石油はcovid-19の流行、国際原油価格の断崖式の下落などの厳しいテストに直面して、安定的な経営、強力な管理、リスク防止、安全保障に力を入れて、疫病の予防と制御は重大な戦略的成果を達成して、石油とガス産業チェーンのサプライチェーンは安定した運行を維持して、今年の最初の5ヶ月で利益が中央企業の上位を占め、この7年間で最高の業績を記録した。

中国石油グループ党組書記、董事長の戴厚良氏は次のように指摘した。石油精神は新中国の石油工業戦線の奮闘と輝き、百万人の石油従業員の栄光と夢を乗せており、中国の石油はこの貴重な精神的財産を大切にしている。

フォーラムは中国石油集団党組副書記の段良偉氏が主宰した。フォーラムでは、「石油魂」——石油精神と大慶精神の鉄人精神700回目の説教を展開した。中央党学校、中国石油化学、中国海洋石油、国家管網の代表代表が基調演説を行い、大慶油田会社党委員会と長慶油田会社党委員会が学習報告を行った。今回のフォーラムはインターネットやニューメディアを通じて生中継され、オンライン視聴者は延べ100万人を超えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です