2021年10月25日

新疆沙車-和田大業750キロボルト送電線工事の負荷難題を解決します

ウルムチで6月14日ロイターは、新疆のオクサナが車に和田ii−750千伏送電線路工事第1标段n1073—n1078れれば段右相ワイヤーコネクタ展が牽引入れ試合13日、リサの車に和田ii−750千伏送電線路工事が全線開通。

沙車-ホータン麗回750キロボルト送電線プロジェクトは、ホータン地区の経済の急速な発展を促進し、ホータン電網と新疆の主なネットワークの連携を強化し、「石炭改電」プロジェクトの実施を実行し、ホータン電網の電力供給の信頼性と電力供給の品質を向上させる重点民生プロジェクトです。工事は沙車県チャージェク鎮に750 kvの沙車変電所が建設され、和田県ラン如郷に750 kvの和田変電所が建設された。総投資額は約8億8000万元で、2020年5月26日に着工された。路線の全長は320.772キロ、新鉄塔は682基。

新疆南部地域に冬季の暖房「電気石炭改」工事を実施した後、2020年に和田地域の電力不足は約15まん万キロワットで2019年に建てられた投运のリサ車—和田第1回750千伏送・変電工事の和田スマート・グリードの負荷発展の需要を満足しにくい。負荷予測によると、2018年から2021年までに南疆三地州の「石炭改電」の新たな負荷は287万キロワットに達する見込みで、このうちホータン地区の「石炭改電」の新たな負荷は103万キロワットに達する見込みで、沙車-ホータン美美回750キロボルト送変電工事が完成すれば、南疆三地州の負荷難題が解決される。

建設工事では、30基余りの鉄塔を山間部や河道内に組み立てなければならない。山間部の道路は険しく、土質は緩やかで、車や大型机械は指定された区域に到達することができず、川の流れは絶えずタワーの作業に困難をもたらした。

「エッフェル塔のように立山で、我々も現場の探査、討論、審査を経て、最終決定を内落ち着きのない外arcoを打組の塔の方式に作業に着手し、このチームの塔だけで解決する区域指定に到着できた大型機械作業の難題が、工事現場の安全も最大限引き下げたリスクと臨時の敷地。同時に、イェルチャン川流域では、我々は、杭の基礎パターンを使用して、”ミスピーク洪水”河道グループの塔を完了した。”このプロジェクトのオーナーである馬忠龍プロジェクトマネージャーは次のように述べた。

了解によると、同プロジェクトは新疆で初めて一体化深底坑作業装置と地脚ボルト止め器の応用を普及させるプロジェクトでもあり、この2つの新技術の注入はいずれもプロジェクトの安全を守るためのものだという。

次のステップで、国網新疆電力有限公司は着実に組織して施工会社の三級自検、監理の初検、竣工の予検および欠品の解消作業を行い、工事が9月25日に順調に出荷されることを確保する。(完)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です