2021年12月2日

オークパークは18億2000万社債の発行規模を超えないようにしています

6月10日、不働産資管情報サービスプラットフォーム(caic)が発表したデータによると、5月の不働産企業が国内外で発行した債券は約590億元で、前年同期比4.8%減、同38.2%減と大幅に減少した。このうち債券を発行した会社は45社で、4月の発行部数の半分に過ぎない。

「三つの赤い線」政策の下、不動産業界全体の融資が引き締まっているにもかかわらず、住宅メーカーは窓口を積極的に把握し、融資を手配している。先日、ある市場情報によると、奥園集団有限公司は最近、18億2千万元以下の会社債を発行する予定だという。

また、大手住宅メーカーのチケットが適時に買い戻しられないなどの否定的なニュースの影響を受けて、最近資本市場の否定的な感情が強まり、住宅メーカーのドル債市場の価格が乱高下している。ある情報筋によると、自発的にドル債を買い戻したニュースで投資家の自信を高め、他の千億クラスの住宅企業同業債券価格が引き続き下落している状況の下で、奥園ドル債価格は既に徐々に安定している。また、合同格付けで奥園グループ内のaaa格付けを確認したところ、会社も確認したという。

実際、昨年下半期に「三つのレッドライン」が発表されて以来、住宅企業の融資に対するコントロールは引き続き増加している。第一財経の報道によると、現在の住宅企業の半数以上が融資を主導しており、融資環境が厳しくなるにつれて、将来的に融資ルートを多角化し、自身の債務構造を最適化することが、円滑な融資と融資コストを下げる鍵となる。

中国奥園管理職の紹介によると、今年に入って、中国奥園は会社の債務を積極的に管理し、再融資を事前に手配し、債務構造をさらに最適化している。

3月と5月に、中国奥園は3年間21億香港ドルを超える海外シンジケートローンを2回にわたって受注し、香港銀行同業解体金利(hibor)/ロンドン銀行同業解体金利(libor)に年率4.30%の金利を加え、シンジケートローンの再融資を完了した。5月10日、中国奥園は2021年5月満期の7.5%優先手形4億2500万ドルを期限通りに回収した。今回の回収とともに、中国奥園は今年中に満期になる3件の公募域外優先手形を全て回収した。

また、今年1月と2月に、中国奥園は2022年満期の4.2%優先手形1億8800万ドルと6年満期の3.5億ドル5.88%優先手形を発行した。

最近フィッチがオーチャードパークのbb格付けを確認し、見通しを安定からマイナスに調整したことについて、中国オーチャードパーク側はメディアに応じて「会社の業務は正常に推進され、2021年上半期末の各信用指標は2020年末よりさらに改善すると予想される。経営陣も信用指標の向上や格付けの改善を重要な任務の一つとしており、合同格付けも奥園グループ内のaaa格付けを確認したところだ」と述べた。

6月初めに発表された月次販売公告によると、今年1 ~ 5月の中国奥園の売上高は525.7億元で、前年同期比58%増となった。2020年報のデータによると、中国奥園の営業収入は679億200万元で、前年同期比34%増となった。

2020年末までに、中国奥園の前受金を除いた後の負債比率は78%、純負債比率は82.7%、現金短債比は1.3倍となり、前受金のみを除いた後の負債比率は基準に達せず、「黄金」の企業に属する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です