2021年10月23日

「連花呼吸健康公益キャンペーン」広東中山一線の抗ペスト要員に防疫物資を配布

最近、広東省の多くの地域で本土本土のcovid-19の感染が発生し、各地で感染予防とコントロールの仕事が全力で行われている。6月15日午後、嶺薬業「連花呼吸健康公益事業」と中山市中智大薬局チェーンが連花呼吸健康パッケージ1400セットを中山市の一線の感染症予防・予防・予防のために配布した。

今回配布された連花呼吸健康パックは「連花呼吸健康公益行」プロジェクトの公益寄付によるものです。「連花呼吸健康公益事業」は最近、広東省赤十字会を通じて広東省広州、深圳、東莞、中山に100万元相当の防疫物資を寄付した。連花清コレラカプセル、連花清体静菌スプレー、連花免洗菌菌手洗液などだ。現在、これらの物資は広東省大参林、海王星辰、中山中智、東莞国薬などの医薬チェーンが設立した物資配布所に運ばれ、薬局ルートを通じて物資配布が行われている。

中山市寄付物資の発給を現場で、広东省中山市赤十字党書記、専任の缪美兰副会長は、「中山市赤十字社は、この次物資の寄贈の意思を受けて迅速に正確なドッキング作業に着手し、寄付800戸は中山市公安局に花呼吸さえ健康バッグ、中山市ボランティア会に600戸の寄付。

嶺薬業は民族医薬企業として企業の社会的責任を積極的に担う。特殊な疫病予防とコントロール情勢に直面し、以嶺薬業は今年1月、中国赤十字基金会に5000万元の資金を投入し、「連花呼吸健康公益行」プロジェクトの設立を発起した。常態化した疫病の予防とコントロールを助力し、医療、衛生防疫、ボランティアサービスなど一線の人々の健康保護を保障することを目的としている。covid-19が発生して以来、以嶺薬業は累計7000万元余りの防疫物資を感染予防と管理のために寄付した。(宇墨)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です