2021年10月23日

エネルギーの質の高い発展の道を歩む

エネルギーの質の高い発展の道を歩む

中国共産党の強固な指導の下、エネルギー戦線の何世代もの幹部や従業員の勤勉な努力の下、わが国のエネルギー分野に天地天地を変えた輝かしい成果は、世界の注目を集めるに十分である。

新中国が成立した当初、エネルギー産業はほとんど空白だった。1949年、中国の原石炭生産量はわずか約0.3億トンで、現在1つのトップ石炭企業の2か月の生産量に相当する。全国の電力設備は185万kwに過ぎず、容量は現在の2基の超々臨界設備に及ばない。全国の原油生産量は12万トンに過ぎず、今日の大油田の生産量に及ばない……供給不足がひどく、電灯はほとんど使われず、ランプの灯油も輸入に頼っていた。「二階階下、電灯電話」は当時の人民大衆が未来の美しい生活に対する憧れの一つであった。

今日、わが国の原石炭生産量はすでに39億トンに達し、世界第1位となっている。発電設備は22億キロワットを超え、発電規模は世界一で、年間発電量は世界の発電量の4分の1を占めている。海外では貧弱とされている石油・天然ガス分野でも、年間生産量は約3億4500万トンで世界第6位だ。総合的に見ると、中国は名実ともに世界第1位のエネルギー生産・消費大国となった。

エネルギー分野の量的変化が世界を驚嘆させたとすれば、この分野で起きた質的変化は国民をさらに誇りにさせるだろう。

中国のエネルギー分野の世界的なプロジェクトは、世界最大の水のハブプロジェクト三峡プロジェクトとして説明することができますが、世界最長のガス管プロジェクト西ガス東輸送プロジェクトは、世界で最も高い電圧レベル、最長の送電距離西ガス東輸送プロジェクト……これらの世界的なプロジェクトの完成は、エネルギー建設において一里塚の意義を持つだけでなく、中国のエネルギー装備製造業と関連産業の製造レベルが大きく追いついていることを十分に示している。

中国のエネルギー科学技術分野は「追走者」から「ペースメーカー」へと変化しつつある。世界最大容量、最高等級の超々臨界火力発電機の設計と製造、世界最高電圧等級の特高圧送電技術の応用などは、我が国が火力発電機と送電技術分野で「フロントランナー」になったことを示している。ダムの設計と建設、炭鉱全般の技術装備、特殊貯蔵庫の探査理論技術など、多くの分野で韓国の全体的な技術水準も世界をリードする水準に近づいている。例えば、中国が独自に開発した特高圧送電技術は、電力網技術と装備の製造レベルを著しく向上させ、国際電気標準会議(iec)から「電力産業発展史における重要なマイルストーン」と評価された。

質的な変化はまた中国のエネルギー構造の最適化とクリーンエネルギー、ゼロ炭素エネルギーの広範な開発と利用に現れます。中国は責任ある大国として、2030年までに二酸化炭素排出量のピークを達成し、2060年までにカーボンニュートラルを達成することを世界に厳粛に約束している。党の十八代以来、低炭素の発展を実現するため、韓国のエネルギー構造の最適化、省エネの削減で大きな努力を、石炭は第1次エネルギーの割合が年々下がって、「水の风景」など、清浄エネルギーの割合が年々上昇を总装机規模と年新規インストール規模が世界1位、中国は世界の炭素削減事業の寄与をよく知っている。

現在、エネルギー革命の新ラウンドが花開き、クリーンで低炭素で安全で効率的なエネルギーシステムが徐々に形成されている。中国のエネルギー発展は国内・国際情勢の新たな発展要求に積極的に適応し、質の高い発展の道を揺るぎなく歩み、経済・社会の発展により良いサービスを提供し、美しい中国、健康な中国の建設により良いサービスを提供し、清潔で美しい世界の建設をより良い推進しなければならない。

冉永平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です